氏名:非公開

亞達普有限公司 / 代表者

台湾桃園縣中壢市

こんなことお話できます

台湾における新規商品の市場調査についてお話できます

社会人になって合成樹脂及び製品の販売、コンシューマー商品を手掛け台湾駐在となりました。エンジニアリングプラスチックの販売、合弁交渉等の後帰国、アジア地区販売で毎月海外出張、その後床暖房を最後に大手を退社、光通信用のスウィッチやチューナブルレーザー、有機EL装置の販売商社を経て台湾商社に転職。合成樹脂販売で蘇州にも1年、台湾に戻って液晶関連資材、特にバックライト関係を手掛けました。 7年前に独立、何でも屋で日本のファインテックショウ出展者に事前にメール送付、300通ほど発信して返信は1割、その中でルートがないので話を聞きたい、というブースを十数社訪ね商品説明を受けて台湾で走り回るといった仕事をこなして来ております。又、知り合った会社からの紹介だという事で新規商品の市場開発を請け負うような事もやっております。 合成樹脂、製品の販売を日本で12年、台湾でエンプラ樹脂販売、合弁交渉等を5年、床暖房を日本で2年、光ケーブル周辺と有機EL装置を2年。その後合成樹脂販売・液晶バックライト関係を5年、独立して7年で半導体パッシべーション等経て、今検査機器等を手掛ける傍ら、金属熱処理会社の顧問を務めております。出光興産、出光石油化学、三盟、大蒼企業、テクノファイン、アダプティブ(自分の会社)、ONEXどこにいても決済の実質は自分です。今は全て自分が頼りですが、ベンダーさんの意見を尊重します。事務系のクセに半導体パッシべーションのような世界に頭を突っ込み、ある程度理解して台湾の太陽電池メーカーに軒並み出入り、某半導体装置メーカーの顧問を務めるまでになった事。北京語も英語も両方活用できた。ある程度の原理を学ばないといけないので、元になる大学研究室を訪ねて勉強した。新規商品を市場に出したはいいが、展示会で台湾の名刺を渡され「どうしたものか?」と困っていらっしゃるような中小規模のメーカー様に対してアドバイスのみならず、実際にマーケティングのお手伝いもさせていただきます。

台湾

問い合わせ


自己紹介

以下は就活用に纏めたものですが、貴社商品販促に当たってお手伝いできる方法というアプローチとご理解頂いてもかまいません。



現在台湾で一人で貿易仲介業を営んでおります。北京語・英語共に問題ありません。今までプラスチック原料、製品から始まって、液晶周辺材料、太陽電池部材、加工技術、検査器関係、IT系ソフトなど色々扱って参りました。誰でも初めは素人ですが、メーカー様・ユーザー様に頭を下げているうちに段々身に付きます。一番重要な事は「何がポイントか?」を早く掴む事。そしてメーカ―のできる事、できない事をはっきり伝える事です。ここが曖昧だと後々影響を及ぼします。私は長く「日本のものを台湾に持ち込む」又、ここ数年「台湾・中国のものを日本に持ち込む」仕事をして参りました。又、実家は吉祥寺の中華料理店で子供の頃から店に出て接客四ながら成長いたしました。経験豊富で会話も当意即妙、お客様に好かれる自信があります。まだまだ元気ですが、市場の先細り懸念もありそろそろ会社をたたんで日本での生活を、と思っている処でもあります。ただ、不動産とか消費財とか語学を全く生かせない職場では自分も面白くないし、そうした人材を必要とする会社も必ずある、と信じてこうした活動を行っておる次第であります。次回12月訪日時にでも「品定め」をして頂けるチャンスがあればぜひお伺いしたいと思っております。


職歴 / 学歴

  • 2008/1

    亞達普有限公司 /代表者

    2008/1 継続中

  • 1972/4

    早稲田大学 /政治経済学部

    行政学片岡ゼミ出身

    1972/4 1976/3