氏名:非公開

株式会社ユークリエイト / 代表取締役社長

Fukuchiyama, Kyoto


自己紹介

『17時までに結果を出す! 「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法(日本実業出版社)』の著者



1978年京都府生まれ。東京理科大学経営学部卒業後、会計士受験に7回失敗。失意の中、派遣社員として大手銀行に入行。人の10倍雑務をこなし、「行員の試験を受けないか」と声がかかるまでに。その経験は、のちの「超効率的営業法」に活かされる。結婚・出産を期に2年間専業主婦を経験したのち、有価証券報告書自動作成システムの開発・販売会社に入社。営業経験ゼロで働く時間も限られている中、「残業絶対ゼロ」をうたう営業法を駆使し新規開拓数ナンバー1。圧倒的な活動量で、売上アップに貢献した。2011年、株式会社セールスアップを設立。士業、大手コンサルティングファームなどの営業支援・営業代行に携わり、さらに、電話営業のべ5000社、飛び込み営業のべ3000社の経験をもとに営業向けセミナーの実施、教育プログラムの開発などを行ない、現在は、サンプラザ万助(京都府福知山市の総合結婚式場)にて若女将修行。新たな分野で活動の幅を広げている。



夢は『世界を代表する女性実業家になること』。



【『17時までに結果を出す! 「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法』について】



2013年11月28日に、『17時までに結果を出す! 「残業絶対ゼロ」でも売れる私の営業法』が、日本実業出版社様より出版になります。



(内容紹介)



◆「絶対達成」シリーズ横山信弘氏推薦!
◆1秒も残業しないのに、驚くほど売れる「超効率的営業法」とは?
本書はタイトルどおり、「残業」を「絶対ゼロ」にしながらノルマも達成する「超効率的営業法」の本です。
「残業絶対ゼロ」にこだわるのには、理由があります。
1秒も残業をしないと決めることで初めて、仕事のムダを極限まで省き、定時までに必ず成果を上げる「知恵」と「覚悟」が生まれるのです。



本書のノウハウを具体的に紹介しましょう。
会議や雑用に邪魔されずに「訪問」時間を捻出するスケジューリング、



短時間・高確率でアポがとれる「引き継ぎテレアポ」、
多くのお客様へのフォローを一斉に行なう「大量営業」の仕組み、
クロージングをかけずに「受注」する技術、最短時間で大きな結果を出す「大物釣り」の方法…。
これらを駆使することで「残業絶対ゼロ」でも結果を出せるのです。
著者の須藤由芙子氏は、限られた時間の中、仕事と育児を両立させるために「残業絶対ゼロ」の営業法を編み出し、大きな結果を残しました。
・ダラダラ残業している現状を変えたい
・家庭の事情などで残業をゼロにしたい
・最低限の時間で圧倒的な結果を残したい



そんなあなたのための「超効率営業法」を、ぜひ本書で学んでください。
ご興味ある方は、ぜひ、お手にとってみてください。


職歴 / 学歴

  • 2015/8

    株式会社ユークリエイト /代表取締役社長

    2015/8 在職中

  • サンプラザ万助 /専務取締役

  • 京都共栄学園高等学校

  • Tokyo University of Science