氏名:非公開

えがお社労士オフィス / 代表

Nerima, Tokyo

こんなことお話できます

外資系企業における労務管理について話せます

外資系の企業様に英語にて、日本の労働法をご説明します。 具体例:・時間外労働(36協定)のこと。 ・英文の就業規則・各種規程の作成 ・育児休業制度・介護休業制度・年休の付与などの準拠する法律のご説明 ■ その時どのような立場や役割でしたか? 総務部勤務時代は係長という役職で、実務を行っていました。給与計算や退職手続き、労働保険・社会保険に関する手続き業務を行う。 ■ 得意な分野・領域はなんですか? 英検準1級を持っており、基本的なビジネス英語は読み・書き・しゃべることができます。英語を母国語とする外資の企業様と労務管理の業務を行っております。 ■ この分野は今後どうなると思いますか? 今後少子高齢化で益々労働力不足が深刻になります。 日本社会にとって、外国人労働者の戦力化が今後益々必要となります。外国企業が日本でビジネスを行うとき、問題になるのが日本特有の労務管理です。外国人の経営者・管理部門の方に英語にて日本の労働慣習・労働法をご説明します。 ■ 誇りに思う成果はなんでしたか? 日本通運株式会社成田輸出センター勤務の時に、外国からのお客様に英語にて航空貨物輸出センターの施設案内をして、喜んでもらえたこと。 えがお社労士オフィス 代表2008年当時勤務していた日本通運株式会社にて総務部で人事・労務管理に関わる業務を3年以上経験しました。その後社会保険労務士の資格を2013年に取得し、社会保険労務士として労務サービスの提供をしております。総務部勤務時代は係長という役職で、実務を行っていました。給与計算や退職手続き、労働保険・社会保険に関する手続き業務を行う。英検準1級を持っており、基本的なビジネス英語は読み・書き・しゃべることができます。英語を母国語とする外資の企業様と労務管理の業務を行っております。今後少子高齢化で益々労働力不足が深刻になります。 日本社会にとって、外国人労働者の戦力化が今後益々必要となります。外国企業が日本でビジネスを行うとき、問題になるのが日本特有の労務管理です。外国人の経営者・管理部門の方に英語にて日本の労働慣習・労働法をご説明します。日本通運株式会社成田輸出センター勤務の時に、外国からのお客様に英語にて航空貨物輸出センターの施設案内をして、喜んでもらえたこと。

経営/管理部門

15000


自己紹介

英語が話せる社労士です。役割期待対応型賃金制度のの導入コンサル承ります。
厚生労働省の雇用関係助成金の申請代行行います。
所属・役職 東京都社会保険労務士会城北統括支部練馬支部練馬区役所担当副支部長
TOKYO働き方改革支援事業 巡回コンサルタント


職歴 / 学歴

  • 2017/3

    えがお社労士オフィス /代表

    2017/3 継続中

  • 2008/1

    日本通運株式会社 /東京航空支店総務部

    2008/1 2011/3

  • 1978/4

    埼玉県立浦和高等学校

    1978/4 1981/3

  • 1981/4

    Keio University (慶應義塾大学)(けいおうぎじゅくだいがく)

    1981/4 1986/3