氏名:(開示前)

SRBTechコンサルティング株式会社 / 取締役副社長 パートナー

(決済前には開示されます)

Japan

こんなことお話できます


概要

日中ビジネスには2001年から携わり、進出する側のキャリアから始まり、現在は支援する立場として見識を積む。



新卒としてバンダイグループ企業(株式会社バンプレスト)にて、ゲーム開発の専門職として経験を積み、その後入社したモバイルコンテンツ企業(株式会社インデックス)では、ディレクターから部門長、制作子会社の代表取締役と中国子会社の董事副総理も兼務し、日中でのマネージメントを経験。



その経験を活かしてデジタルマーケティング企業(株式会社アイ・エム・ジェイ)へと移り、経営企画職にて中国企業のM&Aに携わる。



現在は日中ビジネスの総合実務支援を行うSRBTechコンサルティング株式会社で、取締役副社長パートナーとして、業界問わずコンサルティングに従事。



■■■メディア連載■■■
日中ビジネスの専門家が見た「アフターコロナの中国」
https://cocokara-next.com/tag/山本岳志/
媒体『CoCoKARAnext』



2021年4月7日発売:Tsurugi[剣]15号(紙媒体)
「胎動~アフターコロナかや読み解く日中ビジネス最前線~」



■■■講演会情報■■■(終了)
(2019年5月14日(火):19:30開始:新宿:マイナビ社主催)
「あまり知られてない、中国ビジネス裏常識」
https://news.mynavi.jp/itsearch/seminar/277
<講演レポート>
https://news.mynavi.jp/itsearch/article/solution/4471



■■■講演依頼ナビDX■■■
https://kouen-dx.com/pros/top/799



※ 一般社団法人亜洲一帯一路国際開発協会 総監



<商材例>
1.化粧品・コスメ
2.健康食品
3.医療・介護系(機器・薬品・サービス)
4.環境商材・ソリューション(省エネ含む)
5.家電
6.IP商材(バーチャル含むキャラクター権利)
7.玩具
8.食品
9.原料



<販路例>
1.中国オフライン(店舗)
2.中国オンライン(中国ローカル)
3.越境EC(日中オンライン)



<テーマ例>
1.進出・販売(アウトバウンド)
2.インバウンド集客
3.プロモーション
4.投資(M&A含む)
5.許認可(商標やNMPA、通関等)
6.争議(債権回収・裁判等)


職歴 / 学歴

  • 2015/6

    SRBTechコンサルティング株式会社 /取締役副社長 パートナー

    2015/6 在職中

  • 2010/10

    アイ・エム・ジェイ /シニアプロデューサー(中国事業担当)

    2010/10 2011/5

  • 2001/4

    株式会社インデックス /子会社代表(日本・中国)

    2001/4 2007/3

  • 1994/4

    埼玉大学 /学士

    1994/4 1998/3