氏名:非公開

株式会社プロアホールディングス / 常務取締役

京都府京都市

こんなことお話できます

専修学校(専門学校)における設立、各種認可申請、学生募集、組織改革、カリキュラム開発などについてお話できます

京都文化医療専門学校(歯科衛生士養成校)校長 2012年4月 - 2016年3月 ●1 京都で半世紀ぶり新規歯科衛生士養成校開設をプロデュース   ■既存校との競合調整や業界利害の調整など渉外関係を一括担当。   ■複雑な認可申請を調整するプラットホームを形成し関係者を一元化、迅速処    理。   ■意欲的な教員採用、効率的な組織体制確立。   ■「市田ひろみ」氏を名誉学園長・講師に委嘱し、発信力を強化。   ■和装・茶道・華道・狂言等著名団体による文化カリキュラムと許状取得シス    テムを構築し、オンリーワンのカリキュラムを編成。 2 京都文化医療専門学校初代校長として学校成熟化をプロデュース   ■校長によるトップセールスなど学生募集方法の発想転換。    開校3年目で新入生定員超えを達成。   ■保護者の信頼と学生の満足度の向上のため異例の「正門前毎朝校長出迎えあ    いさつ」を実行。   ■女性副校長の登用、服装の自由化など明るい話題づくりをプロデュース。   ■外部講師を校長自ら正門出迎え、見送りを実施。   ■町内会加盟と行事協力による近隣住民との信頼強化。   ■歯科関係団体や行政等事業への学校施設利用協力。 3 18歳人口減少を見据えた将来計画とアクションプランを作成   ■府県による人口減少差を織り込んだ今後10年の学生募集重点地域を指定。   ■社会人のキャリアチェンジに対応する「夜間部」早期開設。   ■歯科衛生士の男子開放による夜間部男女共学。   ■今後の人口減少とグローバル化に対応した留学生受入計画。   ■アジア新興国への歯科衛生教育メソッドの提供と教育支援。   ■「訪問看護」「訪問介護」を視野に入れた人材育成計画。     4 主な成果   ■歯科医師等から卒業予定者に対する10倍以上の求人実績。    ■特色あるカリキュラムを持つ「人気校」として志願者数の前年比増加。   ■学年定員を80名から100名に増加。   ■社会の流れを受け止めた歯科衛生学科「夜間部」の設置。    ■若い女子学生増加による地域の賑わいと活性化に貢献。   ■和装等伝統産業と伝統文化の振興に貢献。   ■体験授業や出前説明による高校生等若年者の進路とキャリア形成に貢献。   ■地元歯科医師会だけでなく隣接県歯科医師会との協力関係形成。 平成24年~平成27年の4年間。学校法人未来学園 京都文化医療専門学校学園副学園長として設立業務を担当。設立後初代校長として学生募集や新しい課程設置申請などに携わり、3年で近畿最大の歯科衛生士養成校に成長させた。早期に学生定員を充足し、更に定員増加と、社会人向けの夜間部設立認可申請を行い、開設できたこと。地域、歯科医師会、歯科衛生士会、京都府、京都市、教育委員会等の理解と協力を得るための渉外業務全般について、校長に一元化し、ぶれずに推進したこと。学校法人関係者(専門学校等)18歳人口減少に伴い、社会人の学び直し、留学生の受け入れ、付帯事業や収益事業の実施など、経営安定化のために大胆な発想の転換が必要。大学教員の一コマの講師謝金をベースに少し上乗せした程度。

学校経営

15000

地域における地域資源の活用、地域活性化、企業誘致、観光振興などについてお話できます

産学官等のプロジェクト参加経験】 1 文部省「社会教育行政革新委員会」委員(国の委員) 2 同志社大学リエゾンオフィスアドバイザリーコミッティ 3 関西学研都市知的クラスタープロジェクトメンバー 4 関西学研都市知的特区申請プロジェクトメンバー 5 市町村インキュベート設置と審査委員(ベンチャー支援) 6 同志社大学嘱託講師(非常勤講師)   京都府職員との兼務で「同志社大学嘱託講師」として、5年間、大学生を指導  し、地域資源活用による観光振興、文化振興など、フィールドでのリサーチと  実践的なプログラムを実施した。 平成7年から平成23年まで。京都府(地方公共団体)係長級から部長級までの役職を経験。現場でのフィールドワークとともに、政策の企画立案、実施、プロモーションやセールスも担当した。京都府南部地域での「木津川フィールドミュージアム」の実施。京都府初の地域資源活用型青空博物館エリアを形成し、持続可能な地域活性事業に取り組んだ。「地域の人的資源の活用」人材を発掘し、育成して、地域の人自ら「木津川フィールドミュージアム」推進の担い手となっていただくこと。これは個々に人にあたって、時間かけてご理解いただいた。URLはありませんが、当事のレポート現物があり、その後の地域振興のテキストとして活用しました。地方創生に携わる行政や民間、大学の方。地方創生、1億総活躍社会が推進される中でニーズは拡大する。

旅行/観光/インバウンド

15000


自己紹介

職務要約
■【困難な医療系専門学校新規設置に成功】
新規の歯科衛生士養成校設立に参画。業界・地域・許認可機関との調整を一元化し、早期認可に成功。
■【専門学校経営改革、人集め、学生募集に成功】
初年度学生募集に苦慮し、経営困難となったが、校長としてトップセールスによる学生募集を展開し、開校3年目に学年定員80名達成。目玉科目として京都文化を取り入れたカリキュラムが話題となり、歯科衛生士養成校として地域トップの学生数達成。
■【専門学校10年後までの新規戦略を策定実行】
歯科衛生士需要と男子への開放を先取りし、昼間部学年定員100名、新規に夜間部学年定員50名を認可申請。夜間部は初の男子受入を行う。
18歳人口減少期を見据えて、早期に戦略を策定し実行。
■【公立学校運営改革、採用・人事で成果】
公立学校教職員全職種の採用と人事を担当。多角的な人物評価方法開発。5か年で採用3千人、人事異動5千人。労務対策・組織・制度開発も担当。公立学校運営改革で成果。
■【地域資源活用による観光振興、地域活性化推進】
地方創生の魁けとして、地域資源を調査・評価し、観光振興などの地域活性化事業を企画立案実施。
■【1億総活躍社会に向けて】
あらゆる人材を活用することで、地域や産業に活力が生まれる。人材派遣、人材紹介の業界に、付加価値を与えて、人材の高度化を図った。



スキル
● 人を集め、動員する、学生・生徒を集めること。
● 人と人、人と仕事、仕事と仕事などを繋ぐこと。
● 対人関係、面談、安心させること。
● 困難な文書処理を行うこと。
● 改革、改善、構想を起草し、進めること。
● 俯瞰すること。
● 複数の案件を同時進行で処理すること。
● 組織に横串を刺し、横断的な活用を行うこと。
● 講師、インストラクター、司会進行、人前で話すこと。
● 忍耐



仕事への想いについて
1 現在60歳
  これまでの経験や人脈を活かし、新たな仕事にチャレンジしたいという強い意欲があります。
2 コーディネーター、プロデューサー
  これまでの仕事は総括すれば「プロデューサー、コーディネーター」のようなものだと思います。
  何かと何かを繋いで「新しい価値」を創り出すマッチングの醍醐味。
  人と人が繋がれば、多くの智慧と力で可能性が高まります。
  このスキルを極めれば「なんでもできる」と確信しています。
3 「運」と「ツキ」
  良い仕事、機会、場、人のご縁、健康に恵ました。私はとても「運」がいいと思います。
  また「ツキ」もあると思います。
  素直に、謙虚にそれを感謝しています。何事からも何人からも学ぶに価値あること多いと
  確信しています。
  その気持ちがあるから、マッチング、コーディネイト、プロデュースもできたのだと
  思っています。これからもさらに精進精励したいと思います。



産学官等のプロジェクト参加経験
1 文部省「社会教育行政革新委員会」委員(国の委員)
2 同志社大学リエゾンオフィスアドバイザリーコミッティ
3 関西学研都市知的クラスタープロジェクトメンバー
4 関西学研都市知的特区申請プロジェクトメンバー
5 市町村インキュベート設置と審査委員(ベンチャー支援)
6 同志社大学嘱託講師(非常勤講師)



資格関係
1 人事院認定スーパーバイザリートレーニング指導者
 (組織マネジメント研修インストラクター)
2 公務研修協議会認定接遇指導者(接遇研修インストラクター)
3 少林寺拳法5段(支部長資格)
4 自治省自治大学校1部課程卒業。
  自治大学校認定講師(公共政策、地域政策、行政実務、組織運営等)



社会参加
1 NPO京都災害ボランティアネット理事(災害派遣ボランティア育成、危機管理研修指導)
2 長岡天満宮音楽文化事業実行委員(企画立案・進行)
3 桃山同窓会副会長(会員数約3万5千人)
4 立命館大学校友会幹事・総務委員(会員数約30万人)



著作、論文、掲載等
1 月刊コロンブス(東方通信社発行)「地域の元気企業ガイド」推薦人コメント執筆
2 東方通信社「百年企業100選」~未来に残したい老舗企業~
  百年企業100選制作委員として共著
3 共同研究論文「地域におけるインバウンド観光マーケティング戦略」(総合研究開発機構)


職歴 / 学歴

  • 2016/4

    株式会社プロアホールディングス /常務取締役

    2016/4 継続中

  • 2012/4

    学校法人未来学園 京都文化医療専門学校 /学校長

    2012/4 2016/3

  • 1974/4

    京都府(地方公共団体) /最終「部長級」

    1974/4 2012/3

  • 1975/4

    立命館大学 /学士

    地理専攻

    1975/4 1982/3

  • 1989/4

    自治省 自治大学校

    地方公共団体幹部候補職員に対する高度な公共政策、地方自治等の研修を実施。大学院提携プログラム。

    1989/4 1989/9