氏名:非公開

ジョイフル日本学校 / 学校長

フィリピン セブ市

こんなことお話できます

中国における起業についてお話できます

中国広州にて2003年から2014年にかけてゼロから中国人パートナーと共に日本語学校を立ち上げました。また、日本人への中国語教育や各種通訳経験(工場現場通訳からキャラクター制作等)もあります。 日本のテレビ局の海外ロケの中国側コーディネータとして折衝等も行ったことがあります。その他日系や外資企業での日本人のビジネスマナー講座の講師や中国での書籍出版経験もあります。 2003年から2014年までです。中国広州で日本語学校を立ち上げました。学校の名前はジョイフル日本語学校です。ゼロから中国人パートナーと組んで学校の設立を行いました。色々ありますが、一番ホッとしたプロジェクトは日本のNHKエンタープライズさんからご依頼を頂いたお仕事です。日本の高校生と中国の高校生が音楽を通じて交流を深め、最後には一緒にコラボしてコンサートを作り上げるという4日間の交流プロジェクトの中国側コーディネーターのご依頼を頂いたことがありました。全くのゼロからの出発で、協力してくれる学校を探すことから始めましたが、色々な方のご協力のおかげで最後は日本国広州領事館総領事にもお越し頂けるような立派なコンサートにできたことでした。できないことはない!と思えるいい経験になりました!

中国

問い合わせ


自己紹介

ジョイフル日本語学校校長。GJTA広州日本語教師連絡会代表。広州市柔道協会理事。2000年台湾から帰国後、独自に日本語/中国語の教授法を学ぶ。現在までに数多くの履修生を輩出。現在は一般講義の傍ら2007年度CASIO日本語エッセイ作文コンクール審査員、スピーチコンクール審査委員長公演会や各大学で臨時講義も開催。朝日新聞にも寄稿文が掲載される。現在、華南地区日本語地元誌「広東Whenever」にて中国語広告データの提供、新聞紙「ぽけっとページ」にて「北京オリンピック中国語」「トリビア中国語それ言っCHINA!」「関西弁論語」「中国流行ネット用語」等のコラムを掲載。広東省華南理工大学の日本語学部客員講師として同大学にも勤務。著書に『関西弁超訳論語』(アールズ出版)、『八田校長が教える超萌大阪弁』(中国北京世界図書出版社)、『日本の有名人のつぶやきから学ぶ流行日本語』(中国北京世界図書出版社)。


職歴 / 学歴

  • 2003/3

    ジョイフル日本学校 /学校長

    2003/3 2014/12

  • 1996/4

    立命館大学

    内2年は台湾への語学留学で休学させて頂きました。

    1996/4 2002/3