氏名:非公開

職歴:非公開

(相談時には公開されます)

Fukuoka-shi, Fukuoka, Japan

こんなことお話できます

インドにおける鉄鋼、ケーブルテレビ/衛星放送、冷凍食品、菓子製造販売、不動産(マンション)開発/販売についてお話できます

インド住友商事インド3回駐在 通算11年7ヶ月。 1988年〜1993年 Bombay 鉄鋼ビジネス。 2006年〜2009年 New Delhi 鉄鋼ビジネス。 2012年〜2015年 New Delhi 新規ビジネス開発。現地会社の駐在員は東京本社の主管本部と共同でビジネスを遂行するのが社内ルールであり、現地に決裁権限はない。 経営トップがいかにインドに注力せよと号令してもそれだけでは主管本部は動かない。 たとえ有望なインド案件があったとしても、タイ、ベトナム、インドネシア等の案件と比べて格段の優位性がなければリスクテイクの方針は出ない。 そういう会社の現実の中にあって、如何に本部をその気にさせるか、その為には何が必要かの知見と経験を、沢山の未実現事例、数少ない成功事例を通して積むことが出来た。 また、J/Vを組む現地インド企業の選別と緊密な関係構築、交渉決裂の危機をどのように乗越えて行くか、を双方の立場を理解し双方に理解してもらいつつ実施してきた。特に3回目の駐在時(2012-2015)、東京主管本部が他国地域で展開しているビジネスをインドに微調整しながら応用展開をした(トライした)経験から、メディア(ケーブルテレビ/衛星放送)、冷凍パン生地、キャラメル等の菓子類、マンション開発、CFRP(橋梁補強用&航空機ボディー用)、について。 且つ、その為のJ/V設立に至るポイントについて。 競合他社と差別化出来る事業のコンセプトとストーリーの作り込みについて。1. ラジャスタン州タール砂漠の中に、油井管のSCMサービス事業を立ち上げ(2008年)、現場事故発生ゼロをキープしながら高収益を上げ続けたこと。 2. ニューデリー郊外のグルガオンで、インド地場企業とJ/Vを設立して、高所得者層向けマンションの開発を行ったこと(2015年、日本企業初)上記1: 当該油田(英国企業が原油生産)は、インドの石油自給率を5ポイント向上させる価値ある事業だが、最近の油価低迷で当面は厳しい状況が続くだろう。 上記2: 富裕層/中間所得層が年々拡大しており、日本の品質/施工管理技術をベースにしたマンションの需要が伸びている。間違いなく大きく伸び高収益のビジネスとなるだろう。 但し、複雑な土地所有権問題を最初にきちんとクリアーすることが条件。

新規事業/R&D

15000

インドにおける鉄鋼、メディア、冷凍食品、不動産についてお話できます

住友商事(株)の駐在員として、Bombay(Mumbai)1回, New Delhi 2回 駐在。1988年12月〜1993年09月 Bombay 鉄鋼ビジネス 2006年08月〜2009年11月 New Delhi 鉄鋼ビジネス 2012年04月〜2015年11月 New Delhi 新規ビジネス開発 3回、通算11年7ヶ月会社の組織上の特性として現場には最終決裁権限はなく、必ず東京主管部の了解の下に進める必要があった。また、いくら案件の将来性が良くても、東京主管部の戦略上プライオリティーが高くなければ(タイやベトナム、インドネシアの案件に比して劣後していると判断された場合は)、会社として動けない優良案件は多々あった。 何が問題なのか、条件として何が足りないのか、どうすれば東京主管部が食指を動かすか等の知見と実際に実現させたプロジェクトの経験を積むことが出来た。1.厳格にコンプライアンスを遵守しながら、インド初の油井管サプライチェーンマネジメントのサービス事業を実現させたこと。(2007年) 2.現地企業と組み、ニューデリー郊外で高所得者層をターゲットとしたマンションの開発と販売を実現出来たこと(2015年。日本企業として初) 上記1: 当該油田はインドの原油自給率を5ポイント向上させインドにとって有意義なるも、油価の低迷で当面停滞するだろう。 上記2: インドの不動産ビジネスは、富裕層と中間層の拡大に伴い、日本の高い設計施工技術に裏打ちされた質の高い物件が高く評価されてきており、今後大きく伸びる。 また、こういった将来性のあるビジネスをインド企業とJ/Vを組んで実現させてゆくことが(単独ではなくて)ますます価値を持つようになってくる。1. インド企業とのJ/Vを前提としたBusiness Structuringのサポート。 2. 大都市、中規模都市における製品販売のシナリオ、 効率的なマーケティング実施のアドバイス。 3. インド人の、気質、宗教/文化/歴史を背景としたものの考え方、交渉の仕方の特性を日本人に理解してもらい、一方て、インド人に日本人のものの考え方を理解してもらい、根気よくお互いが理解し合えるように導くこと。

新規事業/R&D

15000


自己紹介

大学卒業前にインドを旅したことがインドとの御縁の始まり。
ボリウッド映画が好きで、DVD多数保有。
中国広州にも事業会社立ち上げで2年半出向したことがあり、この似て非なる人口巨大国家二つの共通点/相違点を語ることができる。
妻、長男、長女の4人家族。
英語はあまり得意ではない。


職歴 / 学歴

職歴非公開 (相談時には公開されます)

  • 1973/4

    宮崎大宮高校

    1973/4 1976/3

  • 1977/4

    九州大学 箱崎キャンパス

    1977/4 1982/3