氏名:(開示前)

職歴:(開示前)

(決済前には開示されます)

山形市

こんなことお話できます


自己紹介

■これまでの新規事業一部実例
 1.フクダ電子の例
 電子カルテ導入施設に新製品の生理検査部門システムを提案
提案概要:
クリニック向け検査データビュアーソフトに、自社製各種医療機器のデジタルデータを一元化で保存、閲覧機能を開発部門に提案し低価格で製品化に成功
製品概要:
心電図、肺機能、血球カウンター、眼底カメラ、超音波他がペーパーレスになり電子カルテで診断可能となった。電子カルテ普及に合せて競合他社に無い、一括で多種の自社製医療機器を納品できる新しいクリニック市場を作った。
クリニック向け
  電子カルテとの検査データビュアーソフト連携
   取扱い金額: 2005年~2009@100万~300万 4億円 南東北地区で100施設以上納入
2.ND ソフトウェアの例
 新規事業業務介護福祉システム製品から医療系への進出する新規戦略を提案
提案概要:「予防医療」、医療-介護-生活支援を一体化する「地域包括ケアシステム」
東北大学の「先進予防型健康社会創成仙台クラスター推進本部」をシンクタンクとし福祉-介護-医療の融合プロジェクトを行った。
担当業務: 企画~製品化
製品概要:
電子カルテと介護システムが連携されタブレットで病名、処方、検体検査、注射の情報を閲覧可能
iPhoneやデジタルペンを通して関連機関へ体調などを発信し、医療機関、本人や家族からも閲覧可能となった。
現在は県の重要政策であるIoT活用コーディネータを任用中。


職歴 / 学歴

職歴:(開示前) (決済前には開示されます)

  • 1975/4

    千代田テレビ電子学校

    1975/4 1977/3