氏名:非公開

株式会社インフォブレインズ / 監査役・顧問

居住は市川市ですが、常時都心にて行動しています。

こんなことお話できます

放射性物質の取り扱いにおける資格者、助言者としてのお手伝いについてお話できます

大学卒業直ぐに放射線取扱主任者一種、二種の免状を取得しました。終身免許です。暫く原子力の世界から遠ざかっていましたが、10年位前から助言者として参加する事が復活しました。日本原子力学会の会員は30年以上の継続会員です。現在も助言機会を頂いております。大学卒業後すぐに就職した会社で1970年まで主任者でした。以降は企業内主任者では無く、助言者として従事しています。近年の福島原発事故以来、助言の機会が急に増加しました。 実際の助言は総合的なリスク管理の基軸概念としてお話しする事が主です。原爆被爆国である日本では放射性物質そのものが「悪」として認識されているので、積極的な利用は医療分野に限定されています。しかし身近に放射能リスクが迫っている昨今、非公開を条件で多数のご依頼を頂くようになっています。主任者職位に居た時を除けば、常に助言者で、経営陣を筆頭に、コンサルテーション形式の業務を行っています。現場では実務のお手伝いが非常に多く、皆様の懸念、恐怖が伝わってきます。明示的な表現は頂かないものの、稀な経験を持つも者として対応して頂けています。学術に特化していない分、安心して頂けています。何と言っても「世界唯一の被爆国」が障壁です。塞翁が馬で、「避けてばかりはいられない」の皆様の切迫感を安心した方法で対応でき、利用して頂いております。ですが、表面だって謝意を表される事は周囲の事情から多くありません。

国家資格

25000

銀行、金融機関等のシステム監査における監査対策と監査対応支援についてお話できます

経験の概要は以下の通りです。 全国地方銀行に対し、リスク管理、収益改善のコンサルテーション・サービスを提供。公的なミッションの一環として、継続的に行っている。 米国コンサルテーション会社の支援を行う。市場企画、プロジェクト企画が主。対象業種は情報産業、金融など。 英国通信会社の日本市場戦略を支援。コンサルテーション・サービスを継続的に提供。 全国的な経済、金融組織に対し、コンサルテーション・サービスを提供。主として、経営者に対する助言。 全国的な金融組織に対し、コンサルテーション・サービスを提供。主として、経営者に対する助言と組織運営をコンサルタントとして担当。 米国大手投資銀行に対し、世界的な債券運用の企画支援を行う。サービス提供対象は米国の金融商品企画と日本の支店長。 米国製造会社日本支社に対し、災害時復旧計画の支援と、世界的規模での演習をコンサルテーション・サービスとして支援。 日本大手研究コンサルテーション会社に対して、米国金融の市場調査と傾向の報告を行う。 日本大手損害保険会社に対し、リスク管理のコンサルテーション・サービスを提供。 日本大手銀行に対し、第二情報処理センター建設に関する基礎的な企画と設計をコンサルテーション・サービス支援。 日本大手銀行の数行が必要とする海外大手銀行のリテール・サービスについて、依頼により調査報告を行う。 日本の銀行と大手コンサルテーション調査会社の依頼により、リスク管理システムの構築支援と運用開始支援を提供。 銀行の依頼により、金融リスク管理のソフトウエア調査、導入企画をコンサルテーション・サービスとして支援。 大手都市銀行にて、デリバティブ商品のリスク管理、収益管理、財務報告書管理、経理財務管理システム導入の立案をコンサルタントとして参加。 大手都市銀行東京国際部にて、デリバティブ商品を含む、国際金融リスク管理システム・プロジェクトにコンサルタントとして参加。主として基本的な金融商品企画、財務計画、収益管理機構及び概念作りを支援する。 アジア某国中央銀行の銀行間決済システム構築プロジェクトに参加し、金融制度、電子決済関連の法律整備、国際電子送金及び決済に関しての中央銀行の役割、金融市場の指導方針決定などの支援を行う。 大手信託、海外支店の取り引き業務、財務、収益管理、経理業務、決済業務システム導入のプロジェクトに参加し、ニューヨークと本店(東京)にて、支援を行う。 英国ソフトウエア会社にて、クライアント・マネージャーとしてサポート。邦銀外銀のシステム支援を行う。 . CISA(公認情報システム監査人:米国:現在有効)免許を持っています。取得は証書期日に依ると1993年5月です。この免許は毎年更新を義務付けられています。 米国商業銀行、米国投資銀行に於いて1980年以来、金融機関業務に従事し、1991年夏に独立後、これらの業務に関連したコンサルタント経験が有ります。 米国商業銀行ではホールセールバンク全般、米国投資銀行では、ミドルオフィス、バックオフィスを実施、経験しております。 独立後、日本では銀行を始め、多数の金融機関、アジアの中央銀行、システム会社、セキュリティー・プロジェクトを経験し、コンサルテーションご依頼のお客様に対し1990年頃から継 続してサービスを提供しております。コンサルテーション・サービスに監査実施支援、監査対策支援を含みます。米国ではバンカース・トラスト銀行、ファースト・シカゴ銀行に職歴を持ちます。IT責任者として情報監査の対策をしていました。在職中の銀行ではアジア・パシフィックの銀行システム責任者でした。(Regional CIO) 上記金融機関関連の職歴の中では環太平洋地区のシステム責任者、日本担当の責任者を歴任しております。 システム監査対策のコンサルテーションをさせていただいたお客様は米国投資銀行が主で、東南アジアの中央銀行を含む邦銀で、プロジェクトに参加しました。中央銀行の場合は一国の監査方針が俯瞰でき、責任の重さを痛感しました。 お客様先ではシステム、リスク管理、監査部門で責任者にコンサルサービスを提供しています。 日本の大手銀行はほとんどすべてお邪魔しております。地方銀行は上位の20行程、コンサル・サービスをさせていただきました。 金融業界以前は、1969年から10年強、フェアチャイルド・セミコンダクター(米国半導体製造販売会社)で回路設計から商品管理、販売管理まで、経験しております。米国半導体製造販売会社では商品管理、業務システム運用責任者を歴任しております。コンサルテーション期間は契約により、殆ど全て経営レベルへの意見具申を行って居ります。 米投資銀行ではミドルオフィスでリスク管理担当、同時にテクノロジー部門のヴァイス・プレジデントを歴任しております。 米商業銀行では銀行システムの極東地域の担当を歴任しています。 米国半導体会社では商品管理と業務システム責任者を歴任しています。日本における成果としては米国とのギャップを利用して先進的な助言(コンサル)サービスが出来ておりました。日本は監査後進国であると認めざるをえない中、外銀の本店監査に米国監査手法が評価されたことです。先進の概念、技法などを提供する場合、どうしてもお客様の状況が助言を受け入れることが出来ない環境に有る場合が多く、かなりの省略、偏向を行わねばなりませんでした。日本サイドが進んでも、なかなかギャップの差は縮まりません。最終的には、経営陣と上位取締役陣に理解を得る事が出来、それに依り組織下部にも歓迎される事が出来ました。

銀行/ノンバンク

15000

外銀、邦銀等金融機関の業務管理、業務監査、システムリスク管理、についてお話できます

経験の概要は以下の通りです。 全国地方銀行に対し、リスク管理、収益改善のコンサルテーション・サービスを提供。公的なミッションの一環として、継続的に行っている。 米国コンサルテーション会社の支援を行う。市場企画、プロジェクト企画が主。対象業種は情報産業、金融など。 英国通信会社の日本市場戦略を支援。コンサルテーション・サービスを継続的に提供。 全国的な経済、金融組織に対し、コンサルテーション・サービスを提供。主として、経営者に対する助言。 全国的な金融組織に対し、コンサルテーション・サービスを提供。主として、経営者に対する助言と組織運営をコンサルタントとして担当。 米国大手投資銀行に対し、世界的な債券運用の企画支援を行う。サービス提供対象は米国の金融商品企画と日本の支店長。 米国製造会社日本支社に対し、災害時復旧計画の支援と、世界的規模での演習をコンサルテーション・サービスとして支援。 日本大手研究コンサルテーション会社に対して、米国金融の市場調査と傾向の報告を行う。 日本大手損害保険会社に対し、リスク管理のコンサルテーション・サービスを提供。 日本大手銀行に対し、第二情報処理センター建設に関する基礎的な企画と設計をコンサルテーション・サービス支援。 日本大手銀行の数行が必要とする海外大手銀行のリテール・サービスについて、依頼により調査報告を行う。 日本の銀行と大手コンサルテーション調査会社の依頼により、リスク管理システムの構築支援と運用開始支援を提供。 銀行の依頼により、金融リスク管理のソフトウエア調査、導入企画をコンサルテーション・サービスとして支援。 大手都市銀行にて、デリバティブ商品のリスク管理、収益管理、財務報告書管理、経理財務管理システム導入の立案をコンサルタントとして参加。 大手都市銀行東京国際部にて、デリバティブ商品を含む、国際金融リスク管理システム・プロジェクトにコンサルタントとして参加。主として基本的な金融商品企画、財務計画、収益管理機構及び概念作りを支援する。 アジア某国中央銀行の銀行間決済システム構築プロジェクトに参加し、金融制度、電子決済関連の法律整備、国際電子送金及び決済に関しての中央銀行の役割、金融市場の指導方針決定などの支援を行う。 大手信託、海外支店の取り引き業務、財務、収益管理、経理業務、決済業務システム導入のプロジェクトに参加し、ニューヨークと本店(東京)にて、支援を行う。 英国ソフトウエア会社にて、クライアント・マネージャーとしてサポート。邦銀外銀のシステム支援を行う。 . 他の特記事項: 放射線取扱主任者一種を持っており、解放線源の取り扱いが出来ます。 米国商業銀行、米国投資銀行に於いて1980年以来、金融機関業務に従事し、1991年夏に独立後、これらの業務に関連したコンサルタント経験が有ります。 1993年から米国認可のシステム監査人の資格を保持しています。 米国商業銀行ではホールセールバンク全般、米国投資銀行では、ミドルオフィス、バックオフィスを実施、経験しております。 独立後、日本では銀行を始め、多数の金融機関、アジアの中央銀行、システム会社、セキュリティー・プロジェクトを経験し、コンサルテーションご依頼のお客様に対し1990年頃から継続してサービスを提供しております。 Addendam) 日本政府認可の放射性物質取扱いの免許も保持しています。米国ではバンカース・トラスト銀行、ファースト・シカゴ銀行に職歴を持ちます。 在職中の銀行ではアジア・パシフィックの銀行システム責任者でした。(Regional CIO) 上記金融機関関連の職歴の中では環太平洋地区のシステム責任者、日本担当の責任者を歴任しております。 コンサルテーションをさせていただいたお客様は米国投資銀行が主で、東南アジアの中央銀行を含む邦銀で、プロジェクトに参加しました。 お客様先ではシステム、リスク管理、監査部門で責任者にコンサルサービスを提供しています。 情報システムの米国監査資格(CISA)を持っており、監査に並んでリスク管理に関連した助言ができます。 . また、日本の大手銀行はほとんどすべてお邪魔しております。地方銀行は上位の20行程、コンサル・サービスをさせていただきました。 金融業界以前は、1969年から10年強、フェアチャイルド・セミコンダクター(米国半導体製造販売会社)で回路設計から商品管理、販売管理まで、経験しております。米国半導体製造販売会社では商品管理、業務システム運用責任者を歴任しております。コンサルテーション期間は契約により、殆ど全て経営レベルへの意見具申を行って居ります。 米投資銀行ではミドルオフィスでリスク管理担当、同時にテクノロジー部門のヴァイス・プレジデントを歴任しております。 米商業銀行では銀行システムの極東地域の担当を歴任しています。 米国半導体会社では商品管理と業務システム責任者を歴任しています。日本における成果としては米国とのギャップを利用して先進的な助言(コンサル)サービスが出来ておりました。先進の概念、技法などを提供する場合、どうしてもお客様の状況が助言を受け入れることが出来ない環境に有る場合が多く、かなりの省略、偏向を行わねばなりませんでした。日本サイドが進んでも、なかなかギャップの差は縮まりません。最終的には、経営陣と上位取締役陣に理解を得る事が出来、それに依り組織下部にも歓迎される事が出来ました。

証券/資産運用

25000

日米の業務リスク管理、業務監査、IT・情報システム監査につきお話しできます。

経験の概要は以下の通りです。 全国地方銀行に対し、リスク管理、収益改善のコンサルテーション・サービスを提供。公的なミッションの一環として、継続的に行っている。 米国コンサルテーション会社の支援を行う。市場企画、プロジェクト企画が主。対象業種は情報産業、金融など。 英国通信会社の日本市場戦略を支援。コンサルテーション・サービスを継続的に提供。 全国的な経済、金融組織に対し、コンサルテーション・サービスを提供。主として、経営者に対する助言。 全国的な金融組織に対し、コンサルテーション・サービスを提供。主として、経営者に対する助言と組織運営をコンサルタントとして担当。 米国大手投資銀行に対し、世界的な債券運用の企画支援を行う。サービス提供対象は米国の金融商品企画と日本の支店長。 米国製造会社日本支社に対し、災害時復旧計画の支援と、世界的規模での演習をコンサルテーション・サービスとして支援。 日本大手研究コンサルテーション会社に対して、米国金融の市場調査と傾向の報告を行う。 日本大手損害保険会社に対し、リスク管理のコンサルテーション・サービスを提供。 日本大手銀行に対し、第二情報処理センター建設に関する基礎的な企画と設計をコンサルテーション・サービス支援。 日本大手銀行の数行が必要とする海外大手銀行のリテール・サービスについて、依頼により調査報告を行う。 日本の銀行と大手コンサルテーション調査会社の依頼により、リスク管理システムの構築支援と運用開始支援を提供。 銀行の依頼により、金融リスク管理のソフトウエア調査、導入企画をコンサルテーション・サービスとして支援。 大手都市銀行にて、デリバティブ商品のリスク管理、収益管理、財務報告書管理、経理財務管理システム導入の立案をコンサルタントとして参加。 大手都市銀行東京国際部にて、デリバティブ商品を含む、国際金融リスク管理システム・プロジェクトにコンサルタントとして参加。主として基本的な金融商品企画、財務計画、収益管理機構及び概念作りを支援する。 アジア某国中央銀行の銀行間決済システム構築プロジェクトに参加し、金融制度、電子決済関連の法律整備、国際電子送金及び決済に関しての中央銀行の役割、金融市場の指導方針決定などの支援を行う。 大手信託、海外支店の取り引き業務、財務、収益管理、経理業務、決済業務システム導入のプロジェクトに参加し、ニューヨークと本店(東京)にて、支援を行う。 英国ソフトウエア会社にて、クライアント・マネージャーとしてサポート。邦銀外銀のシステム支援を行う。 . 他の特記事項: 放射線取扱主任者一種を持っており、解放線源の取り扱いが出来ます。 1993年から米国認可のシステム監査人の資格を保持しています。 米国、日本に於いて1967年以来40年間以上、米国半導体製造会社、金融機関業務に従事し、独立後、これらの業務に関連したコンサルタント経験が有ります。 米国金融機関では1980年から12年、以後コンサルタントとして仕事をさせて頂いています。 米国商業銀行ではホールセールバンク全般、米国投資銀行では、ミドルオフィス、バックオフィスを実施、経験しております。 独立後、日本では銀行を始め、多数の金融機関、アジアの中央銀行、システム会社、セキュリティー・プロジェクトを経験し、コンサルテーションご依頼のお客様に対し1990年頃から継続してサービスを提供しております。 (Addendam) 日本政府認可の放射性物質取扱いの免許も保持しています。米国ではバンカース・トラスト銀行、ファースト・シカゴ銀行に職歴を持ちます。 在職中の銀行ではアジア・パシフィックの銀行システム責任者でした。(Regional CIO) 上記金融機関関連の職歴の中では環太平洋地区のシステム責任者、日本担当の責任者を歴任しております。 銀行名はバンカース・トラスト銀行、ファースト・シカゴ銀行、フェアチャイルド・セミコンダクター.。現在はきんざい関連会社の登録コンサルタントです。 コンサルテーションをさせていただいたお客様は米国投資銀行が主で、東南アジアの中央銀行を含む邦銀で、プロジェクトに参加しました。 お客様先ではシステム、リスク管理、監査部門で責任者にコンサルサービスを提供しています。 情報システムの米国監査資格(CISA)を持っており、監査に並んでリスク管理に関連した助言ができます。 また、日本の大手銀行はほとんどすべてお邪魔しております。地方銀行は上位の20行程、コンサル・サービスをさせていただきました。 金融業界以前は、1969年から10年強、フェアチャイルド・セミコンダクター(米国半導体製造販売会社)で回路設計から商品管理、販売管理まで、経験しております。米国半導体製造販売会社では商品管理、業務システム運用責任者を歴任しております。 その他(経験の概要・特記事項) 放射線取扱主任者一種を持っており、解放線源の取り扱いが出来ます。 情報システムの米国監査資格(CISA)を持っており、監査に並んでリスク管理に関連した助言ができます。コンサルテーション期間は契約により、殆ど全て経営レベルへの意見具申を行って居ります。 米投資銀行ではミドルオフィスでリスク管理担当、同時にテクノロジー部門のヴァイス・プレジデントを歴任しております。 米商業銀行では銀行システムの極東地域の担当を歴任しています。 米国半導体会社では商品管理と業務システム責任者を歴任しています。日本における成果としては米国とのギャップを利用して先進的な助言(コンサル)サービスが出来ておりました。先進の概念、技法などを提供する場合、どうしてもお客様の状況が助言を受け入れることが出来ない環境に有る場合が多く、かなりの省略、偏向を行わねばなりませんでした。日本サイドが進んでも、なかなかギャップの差は縮まりません。最終的には、経営陣と上位取締役陣に理解を得る事が出来、それに依り組織下部にも歓迎される事が出来ました。

内部監査/内部統制

25000


自己紹介

大学卒業から間もなく米国半導体会社に職を得てから現在に至る迄英語環境で仕事をしています。職歴はその後、米国金融機関、商業銀行、投資銀行で業務を行いました。
金融業界に関しては業務、情報分野のリスク管理、監査人の資格を得ております。(CISA)
半導体の分野、原子力の分野でも職を得ております。放射線取扱主任者一種をもっております。


職歴 / 学歴

  • 1991/5

    株式会社インフォブレインズ /監査役・顧問

    1991/5 継続中

  • 1987/2

    バンカース・トラスト銀行 /業務部長システムリスク担当(最終)

    1987/2 1991/5

  • 1980/2

    ファーストシカゴ銀行 /業務部長(最終)

    1980/2 1987/1

  • 1970/2

    ファアチャイルドセミコンダクター(米国) /商品管理部長(最終)

    1970/2 1979/12

  • 1963/4

    東京理科大学理学部応用化学科卒 /学士

    高速中性子(14MeV)による核反応断面積の測定

    1963/4 1967/3