氏名:非公開

職歴:非公開

(相談時には公開されます)

千葉県

こんなことお話できます


自己紹介

【自己紹介】
長年、電力系シンクタンクに在籍し、VRコンテンツ、脳ビジネス関連分野、原子力安全研究分野の研究員としての研究・評価に加えて、官公庁、電力会社、一般企業からの委託研究のマネジメント、コンサルティングも実施して参りました。



現在、62歳となっておりますが、自分のスキル・経験を、コンサルティング業務を通じて、社会に還元したいという使命感に燃えております。
以下、私の職務経歴をご一読いただければ幸いです。



①VRコンテンツ
昨年から話題となっておりますVR(バーチャルリアリティ)技術を用いた、
安全教育向け ならびにものづくり・維持管理分野向け技術継承コンテンツ
の、
「客先取材・カウンセリング→ 概念設計・詳細設計→ 制作の監修→ 訓練のサポート→ 導入効果の検証」 まで、
一気通貫に実施することを得意としております。
 これまでに、13件以上のVRコンテンツを、自ら設計開発した経験を持っています。テレビ東京WBSにも、ヒューマンエラー特集の際に、ヒューマンエラー体験機能を有するVRコンテンツとして取材を受けた経験もあります。



②脳ビジネス
近年注目されております、脳ビジネス(ニューロマーケティング含む)に関連して、光トポグラフィ装置(NIRS)により、上記①実行時における数多くの被験者の脳活動を計測(累計1000件以上)し、
例えば、
・事故等でパニックになったときの反応、
・同一作業を繰り返した時の脳活動の経過、VR訓練時とビデオ視聴時の比較など、VR訓練時の脳活動様々な成果を公表して参りました。これらの成果は、現実の業務にも応用可能であると考えています。



③原子力関連
VR研究の前は、原子力の放射性物質輸送の安全性評価研究を、電力会社の共通研究、国受託研究について、プロジェクトマネージャー兼研究者として、数多く手がけて来ました。



その過程で、戦略的思考と確率論的安全評価(PSA)に磨きをかけ、同時に省庁の担当官、電力会社担当者、
マスコミ、反対派との対応の経験を数多く積む中で、プレゼン能力、図化を中心とするアピールしやすい資料作り、会議の進行などのスキルも身につけております。



④人脈とプロジェクト企画・遂行
上記①②③の結果、それぞれの関連分野における人的ネットワークを幅広く構築し、案件に応じた適切な人を結びつけ、
必要な情報を必要な人に提供し、プロジェクトを進行し、最後に成果を報告書に取りまとめ、発表するというスキルも身につけることができました。



⑤大学URA
現職の大学URA職においても、VR/AR、ロボット、ドローン、介護支援機器などの分野の情報収集と分析、
新しい研究テーマ(企業ですとビジネスのテーマ)を提案し、企業と大学の先生との連携なども、スキルの内に加えることができております。



⑥学会活動
電気学会産業応用部門の技術継承に関する研究委員会の委員長、幹事、幹事補を長年歴任して参りましたので、
JR系車両製作所、京都ものづくりの匠など様々な分野の方と懇意にさせていただいております。
VR学会も、同級生の廣瀬通隆先生はじめ多くの先生方と交流があります。



⑦学歴・資格
東北大学工学部土木工学科卒業 昭和53年3月
東北大学大学院工学研究科土木工学専攻 博士課程前期終了 昭和55年3月
最終的には、
東京理科大学大学院で、社会人博士課程で 平成22年3月 博士(工学)を取得しました。


職歴 / 学歴

職歴非公開 (相談時には公開されます)

  • 東京理科大学

  • 東北大学