氏名:非公開

朝倉健朗公認会計士・税理士事務所(個人事業主) / 代表

東京

こんなことお話できます

上場企業等における連結決算、単体決算、法定開示書類作成実務、監査対応についてお話できます

・単体決算・連結決算の両方の実務を経験しているので、両者の連携や効率化についてお話できます。 ・連結決算において、DIVAとハイペリオンの使用経験があり、それぞれの使用方法・活用方法についてお話できます。 ・決算のプロセスの見直しやマニュアル・業務のチェックリストの作成の経験があり、決算の早期化と決算業務の引継、正確な決算の実施についてお話できます。 ・IFRS導入実務の経験があり、初めてのIFRSによる有価証券報告書の作成実務についてお話できます。 ・新日本有限責任監査法人での監査業の実施、あずさ有限責任監査法人の監査対応、有限責任監査法人トーマツの監査対応の経験があり、監査対応についてお話できます。 ・法定開示書類を一通り作成した経験があり、開示書類の作成実務についてお話ができます。特に、開示書類の作成に使用するプロネクサスのシステムについては詳しくお話できます。 新日本有限責任監査法人勤務時代に、一部上場企業2社(連結売上高1兆円超)にそれぞれ3年前後、計6年ほど出向しており、企業側から見た決算実務を経験しました。2011年6月から2017年3月までの6年間弱です。現場での実際の業務を行う立場で、決裁に必要な資料の作成や説明も行っていました。・単体決算・連結決算のマニュアル化、早期化、チェック強化 ・法定開示書類(決算短信、四半期報告書、有価証券報告書、株主総会関連資料)の作成 ・IFRS導入実務 ・決裁案件に関する分かりやすい説明資料の作成日本の会計基準がIFRSに近づいてきており、会計処理がますます複雑になることが予想されます。企業の海外展開も進んでおり、グローバルな人材がますます重要になると思います。決算プロセスの見直しにより、メンバーの残業時間の大幅な削減に寄与しました。出向時のお付き合いから、独立した現在も元出向先からお仕事を頂いております。

業務支援

15000


自己紹介

【経歴】
2009年 公認会計士登録
2011年 宅地建物取引士登録
2017年 税理士登録
2005~2017年 新日本有限責任監査法人勤務、2011年まで一部上場企業、金融業、不動産、学校法人、病院等、幅広い分野で監査業務に従事。
2011~2014年 一部上場企業(物流)へ出向。単体・連結の制度決算、管理会計、監査法人対応、法定開示書類作成、決算業務効率化等に携わる。
2014~2017年 一部上場企業(製薬)へ出向。制度決算等に加えて、IFRS適用や連結システム入替等に携わる。
2017年 朝倉健朗公認会計士・税理士事務所開設



【サービス内容】
・単体決算・連結決算支援、決算早期化対応、決算手続マニュアル作成、社内報告用資料作成、監査対応
・法定開示書類(決算短信、有価証券報告書、四半期報告書、事業報告、招集通知など)の作成支援。
・IFRS導入最終フェーズに関わるスポット支援、その他IFRSに関係する業務
・相続に関する相談、申告等
・会計顧問、税務顧問


職歴 / 学歴

  • 2017/4

    朝倉健朗公認会計士・税理士事務所(個人事業主) /代表

    2017/4 継続中

  • 2014/10

    新日本有限責任監査法人 /アカウンティングソリューション部

    2014/10 2017/4

  • 2005/12

    新日本有限責任監査法人 /監査部門

    2005/12 2014/9

  • 1999/4

    早稲田大学

    1999/4 2003/3

  • 1996/4

    早稲田実業高等学校

    1996/4 1999/3