氏名:(開示前)

合同会社次世代創造

(決済前には開示されます)

東京都世田谷区

こんなことお話できます


自己紹介

【自己紹介】
坪田 哲司(つぼた てつじ)
1975年2月 京都府出身
(学歴)
1998年3月 神戸大学経営学部卒業
2006年3月 早稲田大学大学院公共経営研究科修士課程修了
(職歴)
1998年4月 プライスウォーターハウスコンサルタント株式会社(現:日本アイ・ビー・エム株式会社)入社
統合パッケージソフトウェア(ERP)の会計モジュールの導入業務に従事
その後、総合商社系コンサルティング会社、法人営業支援会社にてテレセールスのコンサルティング、Salesforce導入コンサルティングに従事の後、 地域社会・コミュニティが抱える問題や課題解決に資する調査・コンサルティングサービスを提供。



(現在)
合同会社次世代創造 代表社員
株式会社シンフォシティ 代表取締役
(近年の実績)
2010年7月~2012年3月
内閣府「地域社会雇用創造事業」において、社会的企業育成支援コンソーシアム東京地区事務局「iSB公共未来塾」東京地区育成担当ディレクターとして着任。研修事業におけるプログラム企画・運営業務、インキュベーション事業におけるインキュベーション・マネジャーとして、起業に向けた支援活動を実施。
2012年4月~2013年3月
内閣府復興支援型地域社会雇用創造事業において、福島県・三陸沿岸地域で開催された「SEEDx地域未来塾」福島地区IMとして、研修プログラム企画・運営業務、ビジネスプランコンペ企画・運営業務と、コンペ採択者に対する起業に向けた支援活動を実施。
2011年7月~2016年4月
公益財団法人東京都中小企業振興公社 ソーシャルインキュベーションオフィス・SUMIDA インキュベーション・マネジャー



・2017年3月~5月、大手損害保険会社系システム会社の社内コミュニケーションツール移行プロジェクトにおけるPMO業務
・2017年6月、大手電力会社における法人顧客向けWebサービス機能拡充の基本検討支援業務
・2017年8月~2018年3月新電力会社における、資源エネルギー庁における平成29年度VPP(仮想電力網)構築実証事業における必要なプログラムの構築の進捗・課題
・2018年7月~、訪問販売会社におけるクラウドERP導入プロジェクトPM業務



(その他)
・中小企業庁地域創業促進支援事業講師
・大阪市天王寺区ハッカソン形式によるビジネスプランコンテスト等運営事業 企画・実施
・都内自治体CIOアドバイザリー会議運営支援


職歴 / 学歴

  • 2013/5

    合同会社次世代創造

    2013/5 在職中

  • 2006/4

    早稲田大学パブリックサービス研究所 /招聘研究員

    2006/4 在職中

  • 2006/5

    ブリッジインターナショナル株式会社 /コンサルタント

    2006/5 2009/8

  • 2004/2

    インター・アクティブ株式会社(三菱商事(株)子会社) /リサーチャー

    2004/2 2006/3

  • 1998/4

    プライスウォーターハウスコンサルタント(株)(現:日本アイ・ビー・エム(株)) /コンサルタント

    1998/4 2003/8

  • 2004/4

    早稲田大学大学院

    2004/4 2006/3

  • 神戸大学