氏名:非公開

職歴:非公開

(相談時には公開されます)

Within 23 wards, Tokyo, Japan

こんなことお話できます

企業の資金調達におけるベンチャーキャピタルや事業会社からの出資についてお話できます

アイピーフレックスでは30億円 アトナープでは10億円 SELTECHでは13億円の資金調達に成功したこと SELTECH Corporation CFO グローバルマーケティング,取締役2015年4月 〜 2017年4月・担当役員として、13億円の資金調達と担当、ラウンドA,B,そしてC 事業計画の作成、数値計画の作成、資本政策の作成、デューデリジェンス対応、投資契約書の締結を部下1名と共に遂行した ・IPOに向けた、体制作りの構築 即時開示体制(会計経理システム)の構築、規程類の整備、内部監査、内部統制体制の構築・技術及びビジネスが分かるCFOとして、ビジネスモデルの構築、それを踏まえた事業計画の作成、実行のフォローアップ ・上場を目指した体制作り ・資金調達・政府は日本の企業率(5%で欧米の半分以下)を高めるべく、ベンチャーへの投資を活発化させる。 ・日本の起業家に経営力をつけさせないと、10年後には5%しか生き残れない現実がある ・ほとんどの起業家は、株式による資金調達の方法を知らないのでまず啓蒙する必要がある。 ・そして、何でも自分でやるのではなく、外部の経験豊かなリソースを活用するようになっていく ・従って、ベンチャーや中小企業にとって、株式による資金調達は今後ますます重要になっていくアイピーフレックスでは30億円 アトナープでは10億円 SELTECHでは13億円の資金調達に成功したこと

経営/管理部門

問い合わせ

IoT全般におけるセキュリティ対策についてお話できます

・ソニーのエンジニアとして、CDの開発、人工知能やデジタル通信などを経験後、シリコンバレーのSoCメーカーの日本法人社長として、半導体業界の経験を積んだ。デバイスレベルの技術(特にセキュリティ)の動向を把握しているので、IoTセキュリテイの事に関してはかなりのことがお話しできると思います。 ・コネクテッドカー、スマートハウス、マルチファンクションプリンター向けのセキュリティに関しても知見があります。 ・海外留学(MIT電子工学博士号)の経験があるので、海外の動向もフォローしております。 SELTECH Corporation CFO グローバルマーケティング,取締役1.セキュアIoTアライアンス(SIA) 事務局 2016年1月 〜 2017年4月 2.CCDS(重要生活機器連携セキュリティ協議会)デバイスセキュリティSWG 主査 1年 3.PrPlファウンデーション(北米のIoT標準化団体)会員 1年1.SIAは事務局として、発足企業(NTTデータ、大日本印刷、積水ハウス、ベンチャーラボ、SELTECH)のとりまとめ、設立趣意書、規約、プレスリリースなどを起案、調整、施行、実施した。 2.CCDS デバイスSWGは主査として、SWGの発足起案、発足後は方向づけ1.半導体業界(10年以上)の経験を生かした、マーケティング、アライアンスなど 2.デバイス(半導体、SoC含む)レベルのセキュリティ対策 3.携帯、通信、家電などにおける技術開発、経営、マーケティング身の回りのほとんどのモノが、ネットワークにつながらざるを得ない時代を迎えている。つながった瞬間にサイバーアタックにさらされるが、旧来のアンチウィルスでは対応できない。 ネットワークにつながるデバイスレベルでのセキュリティが重要となる。 SIAで唱えているようなデバイスレベルのセキュリティが今後IoTにおける標準となる。SIAを立ち上げ、発足5社だけでなく、NTT持株会社、ユニシス、ビックカメラなどの大手がこぞって入会してくれていること。 CCDS(重要生活機器連携セキュリティ協議会)でデバイスセキュリティSWGを立ち上げ、40社以上の会社が参加してくれたこと。

IT/システム

問い合わせ


自己紹介

元々はソニーのエンジニアですが、37歳で退職し、外資系の社長歴任の後、ベンチャー経営に携わってきました。今は、ベンチャーの資金調達の支援コンサルと中堅VCのキャピタリストをしています。
ベンチャー経営者(CTO,CEOそして直近はCFO)として投資を受ける側の経験が中心です。アーリーステージベンチャーで総額50億円超の調達実績があります。
今はその経験を活かして、ベンチャー経営者向けに上場を前提とした資金調達と上場準備の支援をするべくブログの執筆を開始しました。メルマガも順次開始するべく準備中です。
簡単に経歴を記します。
・2017年7月から、VCのキャピタリストとして、IT系ベンチャーの支援。
・その前4年間(2社)は技術のわかるCFO、管理本部長として、社長を補佐しながら資金調達、上場に向けた人材採用、適時開示に対応した経理システムの整備、内部監査、内部統制の整備、そして労務管理の構築を手掛けてきました。会社名は、株式会社アトナープ(10億円調達)と株式発行SELTECH(13億円調達)でそれぞれCFOを務めました。
・その前は、13年間にわたり、様々なフェーズのベンチャーのCTO,社長そして役員として経営に携わりました。例として日本通信(上場)のCTO、アイピーフレックスのCEO(30億円調達)等を歴任しました。
・その前は外資系の日本法人の経営者として13年間にわたり、組織作り、マーケティング、営業に携わりました。
・出発点はソニー(株)情報処理研究所にてエンジニアとして、CD、DAT及び人工知能などの開発に14年間従事しました。
・東大応用物理学科学士
・MIT電子工学科修士及び博士


職歴 / 学歴

職歴非公開 (相談時には公開されます)

  • 1979/9

    マサチューセッツ工科大学

    1979/9 1982/2

  • 1968/4

    東京大学

    1968/4 1973/3