氏名:非公開

Schaeffler Technologies AG / Chief Engineer (Senior Manager level)

ドイツ

こんなことお話できます

自動車業界におけるグローバルビジネスデベロップメントについてお話できます

新規事業開発当時、新しい分野の製品を担当し、技術的に詳しい人がおらず、海外には日本の顧客向けマーケットを理解している人が居ない中、お客様向けに新製品および新技術のトレンドについて調査・分析・マーケティングならびにプレゼンテーションをしながら会社の動向を十分把握し、常にトータルコスト収益意識を持ち、自部署のみならず全社的観点から物事を判断し、組織化後は自らリードして業務遂行した。 柔軟な対応力を兼ね備え多様性を尊重しながら、自工程完結を絶えず心がけ、注力すべき方向を見極めて行動することを重要視しており、少ないリソースの中、製品の競争力も手伝って、無事ラインオフすることができた。 ボッシュ株式会社 Business Development Executive2003年 〜 2009年ビジネスデベロップメント Executive 2003年12月 ~ 2006年 3月 Robert BOSCH GmbH ドイツ本社 中央技術研究所 駐在グローバルビジネスデベロップメント ガソリンエンジンマネジメントシステム開発 ディーゼルエンジンマネジメントシステム開発プラスSCRシステム開発e-Mobility 自動運転システム領域がトレンド各プロジェクトマネージャーおよびアプリケーションエンジニアを統括して営業やマーケティングともコラボレーションしながら開発予算300ミリオンユーロ規模の新規事業を立ち上げて量産プロジェクトとして無事ラインオフさせた。 顧客の要求仕様をそのまま社内関係者に伝えるのではなく、顧客の意図や思いを考えながら落とし所を決めてストーリを作り関係者に理解し易く、かつ対応可能な言葉にアレンジして伝えることができるので、顧客との信頼関係強化さらに業務改善の結果、収益目標5%に対し8%収益向上させた。

新規事業/R&D

問い合わせ

自動車業界における車両開発プロセスおよび市場トレンドについてお話できます

品質総点検を直接体験したことにより注意しなければならないポイントの観察力を養うことができた。また、リーン生産理論に基づきバリューストリーム設計解析手法を周知徹底することにより不具合再発防止・未然防止活動の結果0kmクレイムをゼロにした。 フィールドクレイム目標5ppm以下に対し3ppmに改善した。 車両開発プロセスおよび市場トレンドに関して熟知できた。 トヨタ自動車株式会社 Seconded Global Program Manager (GM level)2009年4月 〜 2013年9月車載ECU開発システムエンジニアとして軸足を残しながらプレイングマネージャーとして、ドライブトレインおよびパワートレインにおけるシステム開発ならびにスロットル・バルブ用モータ、各種センサー、アクチュエーターを顧客要求に合わせシステム開発を常にトータルコスト・収益意識を持ち、自部署のみならず全社的観点から物事を判断し、組織化後は自らリードして業務遂行した。 また、クロスファンクショナルとして、CAN顧客要求仕様を基にブレーキECU、パワーステアリングECU、パワーマネジメントECU、それにクルーズコントロールシステムの要求事項(CANを介しての送受信情報)を十分把握しながら、車両全体システム観点で主体性を持ち業務遂行した。海外における新規事業開発および車両開発プロセス量産ラインを止めるやもしれない問題が発生。タスクフォース英知終結させ、必要な工数は上司や周りを巻き込んで自ら確保した。また大部屋活動を最大限に活用させたことにより、不具合真因究明できて恒久対策を立案した。そして、関係部署と密に連携を取ることにより計画日程通り無事量産を迎えることができた。 結果、顧客との信頼関係が強化できたことで新規事業を獲得できた。

新規事業/R&D

問い合わせ


自己紹介

キャリア集大成として、車載ECU開発向けの各種技術コンサルティング
(品質向上、生産性向上、プロセス改善、プロジェクト統括)
異文化の人達と会話することで、日本の隠れた強みに気づかされ、多様性の中にイノベーションがあり、異なるモノを融合することでイノベーションを生み出し、エンドユーザ様の利用目線で物事を考え、顧客満足度向上させつつ既存事業の業務改善ならびに品質向上、そして事業拡大させて収益向上。



担当業務に関するトレンドをリサーチしながら会社の動向を十分把握し、常にトータルコスト・収益意識を持ち、自部署のみならず全社的観点から物事を判断し、組織化後は自工程完結を絶えず心がけ自らリードして業務遂行。
各プロジェクトマネージャーおよびアプリケーションエンジニアを統括し、更に営業やマーケティングともコラボしながら新製品・新技術のトレンドについて調査・分析・マーケティングを自らリードして遂行し、開発予算300ミリオンユーロ規模の新規事業を立ち上げ量産プロジェクトとして無事ラインオフ。
結果、収益目標5%に対し8%収益を向上。



Automotive SPICE ISO26262に基づき品質総点検、故障モードを基にした設計審査品質改善それに不具合再発防止・未然防止活動を周知徹底した結果、0kmでのクレイムをゼロ。
また、不具合の真因究明および恒久対策立案できるようになり、既存事業の業務改善ならびに品質改善に貢献。
結果、フィールドクレイム目標5ppm以下に対し3ppmに改善。



通算約8年ヨーロッパでグローバルに活動中、ドイツ語:ビジネス会話上級レベル (C1 – C2)。現時点各プロジェクトマネージャーおよび全アプリケーションエンジニアを統括。計8名のアプリケーションエンジニアおよび製品開発チームを監督。


職歴 / 学歴

  • 2013/10

    Schaeffler Technologies AG /Chief Engineer (Senior Manager level)

    2013/10 継続中

  • 2009/4

    トヨタ自動車株式会社 /Seconded Global Program Manager (GM level)

    2009/4 2013/9

  • 2001/10

    ボッシュ株式会社 /Business Development Executive (GM level)

    2001/10 2009/3

  • 2001/5

    カナダ バンクーバにて語学留学

    2001/5 2001/9

  • 2000/9

    日本デルファイ /プロジェクトリーダ

    2000/9 2001/4

  • 1998/9

    トヨタ自動車株式会社 /アプリケーションエンジニア

    1998/9 2000/7

  • 1994/4

    大阪大学 大学院 産業技術研究所

    1994/4 1996/3