氏名:非公開

jam's marketing / 代表

Kumamoto-shi, Kumamoto, Japan

こんなことお話できます

飲食店における売り上げ増加、利幅増加についてお話できます

20年間飲食及びサービス業に従事し、年商を2倍にしてきました。会社名は控えさせていただきますが、現在在職中の企業は年商300億です。管理職をしています。責任書として、すべての決済を管理しています。過去10年間の営業活動で、年商2500万円に満たなかった店舗をおよそ2倍の5200万円の店舗(H27年度)にまで成長させることができました。すごく頑張っているのに、なかなか成果の出ない店長さんや社長さんの力になれればと思っております。http://drm.kmmt.com若干の高い設定にしているのには訳があります。それは、『安いものは真剣にやらない』という人間の行動心理があるからです。私は、真剣に売り上げ、もしくは利幅を増加させたいと考えている方としか、正直お話をしたくはありません。料金を頂くからには、こちらも真剣にお話させていただきたいと、強く思っているからです。オリンピックまではインバウンドの効果が担保できるとは思いますが、其れ以降の飲食業界は、様々な新技術に侵食され、大きな転換期を迎えていくのではと感じています。今まで通りの、美味しいものを作って、良いサービスをして、再来店してもらう。それだけでは、なかなか売り上げ獲得し続けていくコトは難しいのではと感じています。いま、新時代に向けての新しい一手を打っておくコトが望ましいと考えています。不採算店舗の立て直し。です。正直、生きた心地はしませんでした。ですが、ひとつひとつ。課題をクリアにしていき、月/3桁の赤字を出していた店舗を3年でトントンに。其れ以降は年/7〜8%ずつ毎年数字を積み上げてきました。

外食/飲食店

20000


自己紹介

高卒で大手飲食企業に入社。
国際便(国内便ともに)機内食製造に携わり、世界各国の嗜好・世界基準の食品衛生観念を学ぶ。
その後大手アパレル企業・トヨタ自動車・学習教材セールスマンなどなど、さまざまな『人』と
関わる仕事を経験したのち、飲食の素晴らしさを改めて感じ、大手飲食企業に再度挑戦する。



・・・・



しかし
そこで待ち受けていたのは
『どん底の赤字店舗責任者』



まるで廃墟のような店舗で
悔しい思いと、恥ずかしい思いを
噛みしめる毎日・・・



でも
『こんなことではいけない』
『こんなとこであきらめてたまるか』と
自分を鼓舞し



まずは損益分岐まで持っていくことを目標に
日々を過ごしていくなかで



とてつもなく大きな
『お金では買えない貴重な経験』
を積ませてもらうことができ



『繁盛させるロジック』
を確立。すると



みるみるうちに
業績は改善・飛躍し
施設内での表彰を受けるほどに
(半期成長率表彰店舗、計3回)



その成果も相まって
27年度には、とうとう
当時の売上高(年商)を



2倍強上回る
安定した売り上げ(年商)を
計上するまでに。



そこで、このスキルを
『日本人気質を持ち合わせ
責任感が強く努力家で



誰よりも頑張っているが
なかなか上手く成果を出すことができない』
そんなあなたに伝え



実践してもらい
成果を出してもらえたらと考え
こちらに登録させていただいた次第です。


職歴 / 学歴

  • jam's marketing /代表

  • 飲食コンサルティング /代表