氏名:非公開

職歴:非公開

(相談時には公開されます)

横浜・東京

こんなことお話できます

土木建設業界における橋梁やトンネルの点検業務・およびその実情について話せます

国交省や自治体などが定期的に発注する点検業務に関わっていたことがあります。その際は、現場で橋やトンネルの点検作業、資料とりまとめ、対策工法検討などに従事していました。また、地震災害発生時の緊急点検も経験しました。 ほかに構造物の工事完了時、竣工検査前の点検・確認も行っていました。 橋ではコンクリートのひび割れ発生、鋼材のさび発生状況の確認、支承のズレの確認、ボルトの緩み状況の確認をしていました。トンネルではコンクリートのひび割れや漏水状況を調べていました。 ■ その時どのような立場や役割でしたか? 点検業務の担当技術者として、点検や調査、資料とりまとめ、対策工法の検討に従事していました。 ■ 得意な分野・領域はなんですか? 土木設計(道路、トンネル、橋梁、鉄道、宅地造成) 土木施工管理補助 株式会社ナルサワコンサルタント、株式会社工藤設計事務所、鹿島・奥村・フジタJV2002年4月 〜 20013年9月点検業務の担当技術者として、点検や調査、資料とりまとめ、対策工法の検討に従事していました。土木設計(道路、トンネル、橋梁、鉄道、宅地造成) 土木施工管理補助東京都内、新潟県内、およびその他の首都圏地域業務主担当として、点検業務の調査や報告書取りまとめ、改修方法の検討を担当プロジェクト従事者は約10人。

新規事業/R&D

25000

建設業界、とくに土木分野におけるベストプラクティスについて話せます

ビザスクさんにアドバイザー登録してから、建設業界の今後の展望、市場予測、建設業界を取り巻く環境についてお話しさせて頂きました。 ■ この分野は今後どうなると思いますか? 土木分野の市場は、今後も伸びることが考えられます。オリンピック以後も、ある程度需要があると、現時点では至る所で考えられています。たとえば、首都高速道路の改修や補修補強工事、地方の橋やトンネルなどの修繕などがあります。 また、新設以外に、すでにある橋やトンネルなどの修繕や健全かどうかの調査も需要が高まると予想されています。 ■ 誇りに思う成果はなんでしたか? 以前、いくつかの企業さんに建設業界のベストプラクティスをお話させて頂きました。限られた時間ではありましたが、ご満足頂けたようでした。 ■ 得意な分野・領域はなんですか? 道路、橋、トンネル、鉄道の工事や設計、計画の経験があります。現在も建設業界で働いており、変化を踏まえたベストプラクティスをお渡しできます。 また、現場の技術者個人や会社が抱いてる問題意識/懸念項目についてもお話しできます。 ■ その時どのような立場や役割でしたか? 工事現場や設計現場にて実務を経験しており、常に最新の動向や業界の変化を見ており、それに対処しております。自分で頭を使い手を動かして、実務を進めています。クライアントや協力会社などと協議をすることもあります。 土木分野の市場は、今後も伸びることが考えられます。オリンピック以後も、ある程度需要があると、現時点では至る所で考えられています。新設以外に、すでにある橋やトンネルなどの修繕や健全かどうかの調査も需要が高まると予想されています。以前、いくつかの企業さんに建設業界のベストプラクティスをお話させて頂きました。限られた時間ではありましたが、ご満足頂けたようでした。道路、橋、トンネル、鉄道の工事や設計、計画の経験があります。現在も建設業界で働いており、変化を踏まえたベストプラクティスをお渡しできます。 また、現場の技術者個人や会社が抱いてる問題意識/懸念項目についてもお話しできます。鹿島建設株式会社、清水建設株式会社、株式会社フジタ2011年から現在に至るまで。工事現場や設計現場にて実務を経験しており、常に最新の動向や業界の変化を見ており、それに対処しております。自分で頭を使い手を動かして、実務を進めています。クライアントや協力会社などと協議をすることもあります。東京都、神奈川県横浜市設計業務主担当、現場技術支援の補助数名規模〜50名規模

経営/管理部門

25000

土木建設業界における土木材料市場への参入について話せます

■ その時どのような立場や役割でしたか? 現場に必要となる資材の調達のため、様々なメーカー・商社などをリサーチして最適な資材の選定をするための情報収集を行ったり、比較のための資料作成などを行いました。 ■ 得意な分野・領域はなんですか? 道路や鉄道、造成などの盛土工事に使われる補強材/薬剤や、コンクリート製の橋脚の補修/補強材料が得意分野です。 ■ この分野は今後どうなると思いますか? 今使われている盛土や橋脚の補修/補強工事は増えることが予想されているので、市場拡大が考えられています。 鹿島・奥村・フジタJV 鹿島建設株式会社 土木設計本部2011年2月 〜 2013年9月 2016年5月〜2017年2月現場に必要となる資材の調達のため、様々なメーカー・商社などをリサーチして最適な資材の選定をするための情報収集を行ったり、比較のための資料作成などを行いました。道路や鉄道、造成などの盛土工事に使われる補強材/薬剤や、コンクリート製の橋脚の補修/補強材料が得意分野です。今使われている盛土や橋脚の補修/補強工事は増えることが予想されているので、市場拡大が考えられています。日本国内現場事務所やゼネコン設計部にて、技術サイドから取り組みました。概ね50名程度

専門職

25000

建設業界、特に土木分野の工事現場におけるITやICT、AIの導入について話せます

■ この分野は今後どうなると思いますか? 現在、ITが積極的に導入されていますが、土木分野は建築分野に比べまだまだ取り組みが進んでおりません。仕事を効率化できたり資料整理がすんなりできたり、最新のデータをクライアントとリアルタイムで共有できたり、などといったところがもっと発展することで、この業界はもっとレベルアップできるし魅力的な業界になると思います。 まだまだビジネスチャンスがある業界です。 ■ どんな人にアドバイスを提供したいですか? 建設業界、特に土木分野にITや仕事の効率化につながるビジネスを提供したい方、建設業界に何かしらの商品を提供したい方にお話ができます。 2002年に大学を卒業後、約15年にわたって建設業界に従事しております。(1)清水建設株式会社 (2)鹿島建設株式会社現在、ITが積極的に導入されていますが、土木分野は建築分野に比べまだまだ取り組みが進んでおりません。仕事を効率化できたり資料整理がすんなりできたり、最新のデータをクライアントとリアルタイムで共有できたり、などといったところがもっと発展することで、この業界はもっとレベルアップできるし魅力的な業界になると思います。 まだまだビジネスチャンスがある業界です。建設業界、特に土木分野にITや仕事の効率化につながるビジネスを提供したい方、建設業界に何かしらの商品を提供したい方にお話ができます。東京都、神奈川県横浜市現場技術支援担当として、ITやICT、AI導入の検討に関わった。10名〜50名程度

新規事業/R&D

25000

建設業、特に土木分野における仮設材リースの現状や課題、今後の予想展望について話せます

■ その時どのような立場や役割でしたか? 現場管理の補助として、必要となる仮設材のリースの依頼や数量管理などを行ってました。 時折、どこに何がどれくらいあるか?の調査も行っていました。 ■ 一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか? 広い現場や工事箇所があちこちに点在しているとき、どんな仮設リース材がどこにどれくらいあるか?を把握するための調査や管理が大変でした。 私を含め数人の現場職員で調べ、結果を整理していました。 ■ どんな人にアドバイスを提供したいですか? 仮設材リースの現状分析や課題解決のための提案、ビジネスをお考えの法人・個人にアドバイスを提供したいです。 ■ この分野は今後どうなると思いますか? 工事が今後も多い状態がしばらく続きそうなので、仮設材リースの需要は高い状態が続くと思います。 2011年から現在まで。 派遣の建設技術社員としての勤務経験があるので、派遣社員としての目線でのアドバイスができます。株式会社プロスタ 株式会社オールウェイズ派遣社員として派遣先で就業し、実際に仕事をしながら派遣先から「こういう人がいないか?」という相談を受けていました。いくつかヒアリングをしたことがあります。 私は現在、建設業で働いており、 ・どのような人物が求められているのか ・どんな人物は不要とされるのか ・いつも必要とされるスキルとは? ということをお話できます。 さらに、職場に定着できる人とできない人との見極めについてもお話することが可能でございます。 また、今後のニーズがどう変わっていくのか?についてもお話できます。人手不足の折、派遣先企業が望む人材がなかなか見つからなくて苦心しています。「この人は適任だ!」と、事前の面接や頂いた資料で判断して採用しても、面談や資料をアテにすることはリスクが高いということを身を持って知りました。建設業界に人を派遣したい、建設市場に対して人材派遣としての参入・展開を検討している、という方・法人様に対してお話ができます。どんな人が必要とされているのか、何ができる人が重宝されているのか、を現場で日々実感していることを交えてアドバイスさせてください。建設業界、特に土木分野は東京オリンピック以後も人が必要とされる可能性があります。オリンピック後も続く大規模プロジェクトやオリンピック後に始まる事業もあるからです。しばらくは人手不足に悩まされることが考えられ、だからこそ人の力を借りたい!という会社はまだまだ多い状態となると思われます。 今後しばらくは、ビジネスチャンスが眠っている業界です。東京都内、横浜市内現場技術支援、現場監督の立場現場従事者は10名〜50名程度

生産/調達

25000

建設業界における建設会社への営業方法や建設業の今後の展開について話せます

■ その時どのような立場や役割でしたか? (1)道路などの設計や測量業務に、主担当者として携わっておりました。 (2)トンネルの設計業務に、主担当者として携わっておりました。 (3)鉄道の橋の設計業務に主担当者として携わっておりました。 (4)トンネル工事現場の事務所に設計担当して携わっておりました。 (5)鉄道工事の現場で設計担当、施工管理担当として携わっておりました。    現在は設計部門で橋やエネルギー施設の設計に従事しております。 2002年に大学卒業後、現在に至るまで一貫して土木の設計や工事現場で勤務しております。約15年の経験になります。(1)株式会社ナルサワコンサルタント (2)株式会社工藤設計事務所 (3)日本交通技術株式会社 (4)清水建設株式会社 (5)鹿島建設株式会社(1)道路などの設計や測量業務に、主担当者として携わっておりました。 (2)トンネルの設計業務に、主担当者として携わっておりました。 (3)鉄道の橋の設計業務に主担当者として携わっておりました。 (4)トンネル工事現場の事務所に設計担当して携わっておりました。 (5)鉄道工事の現場で設計担当、施工管理担当として携わっておりました。    現在は設計部門で橋やエネルギー施設の設計に従事しております。新潟県内、東京都内、横浜市内設計、現場技術支援、現場監督の立場でした。10名〜50名程度

営業/マーケティング

25000


自己紹介

私は現在、土木技術者として建設会社の土木技術部門におります。道路やトンネルや橋、鉄道、宅地造成などの現場技術支援や設計変更支援、構造物設計などを行っています。



また、これまでに建設コンサルタントでも設計業務や測量を行ったり、建設会社で現場監督や測量の経験もしてきました。



ブログを日々書いてます。こちらで、私(金山)のある程度の人柄がわかると思います。
https://ameblo.jp/kinkin-3535/



建設業界の現状を知りたい方、建設業界への投資や支援をお考えの方、建設業界へサービスや商品の展開、新規事業をお考えの方へ、実際に現場に携わっている立場の目線で、情報提供や知見・経験のシェアなどができると思います。



現場事務所という職場で働くことが多く、「こういうのがあったらいいのに!」という願望が湧き続けてます。そんなアイディアの卵?もお渡しできると思います。



※情報や知見の内容によっては、お応えすることができない場合があります。予めご了承ください。



ビザスクさんでは2016年に8件、2017年に14件の案件について、スポットコンサルをさせて頂きました。
2018年も早速案件を担当させて頂きました。



話が変わりますが、最近、ふと土木学会倫理規程を読む機会がありました。行動規範の最初に、こう書かれてあります。



『土木技術者は、公衆の安寧および社会の発展を常に念頭におき、専門的知識および経験を活用して、総合的見地から公共的諸課題を解決し、社会に貢献する。』
※引用元:http://www.jsce.or.jp/rules/rinnri.shtml



これを改めて読んだ時、土木技術者の役目はモノを造るだけじゃない、世の中の問題解決を通して社会に少しでも貢献することが役目だ、と感じました。



私がこれまで得た経験や知見・経験がクライアントひいては世の中の役に立てばとても嬉しいですし、役に立ちたいです。



一般論だけではなく、私自身の実地経験からわかったことをシェアさせていただいて、御社の今後の営業活動に活かして頂ければ幸いです。そして何かしらの形が世の中に出ることができれば、私としてもすごく嬉しいです。



なお、お伝えする情報は私(金山)個人としての意見となる可能性がありますこと、ご了解頂けますと幸いです。



ご依頼、ご相談をお待ちしております。


職歴 / 学歴

職歴非公開 (相談時には公開されます)

  • 2000/4

    長岡技術科学大学 /学位(工学)

    2000/4 2002/3

  • 1998/4

    長岡工業高等専門学校

    1998/4 2000/3

  • 1997/4

    新潟県立新潟工業高校

    1997/4 2000/3