氏名:非公開

山田化学工業(株) 前職 / 社長 前職

京都文化行事参加

こんなことお話できます


自己紹介

商社長瀬産業輸出部配属入社、2年後で5年ニューヨーク駐在、帰国後主にアジア担当、後、ドイツ6年駐在初代現法社長、帰国後意に反してアメリカ外資日本コダック(株)に移籍され 化学品業界から世界のコダックフィルム業界へ、その後50才でメーカー山田化学に引き抜かれ、アメリカでの現地生産子会社初代社長兼任 本社では通年最終専務で22年、70才で本社すでに退任確定済みの前日にオーナーに乞われて一晩で突然社長となり2年後倒産の危機を脱出した。一方長瀬との合弁米国工場ソフィックス社は当初からの悲劇的経営ミスを修正し、5年後には借り入れゼロ、累損ゼロを早くに達成した。商社、メーカー、外資、欧米含めて社長、兼任するも、リーマンショックをきっかけに本社および福井の子会社が倒産危機乗り越えて黒字に復活させた。72才で退社その間50才からフィクション=小説を余暇に書き始め自費出版。退職後76才現在までは夜はノンフィクション執筆活動中。昼間は苦手だった長中距離ランニングの座学と実際にチャレンジ、1万5千人収容する陸上競技場で客もランナーも居ないすいてる日 月→金 一人 1秒でも早く1メートルでも遠くまで走って鍛えてます。


職歴 / 学歴

  • 2010/5

    山田化学工業(株) 前職 /社長 前職

    2010/5 2012/6

  • 1960/4

    東北大学

    1960/4 1965/3