氏名:非公開

職歴:非公開

(相談時には公開されます)

関東

こんなことお話できます

ものづくり現場におけるISO9001教育について話せます

■ 具体的な経験の内容  あるお客様で、ISO9001の認証取得を受けているものの、うまく活用できていない という悩みの相談を頂きました。現場を調査すると、内部監査やマネジメントは全て1人の人が担当しており、原則の一つである人々の参加がされていないことが一番の問題であると感じました。そこで、各部門の担当者を選定していただき、現場を実例を題材にした教育講習を実施しました。 ■ 実績や成果  相談者の方からは、外部の画一的な講習と違い、自分たちの実務をイメージさせることで、担当者の理解が想像以上に深まったとのお言葉を頂戴いたしました。受講者の方からも、これまでのイメージと変わった、理解が深まった、とのお言葉を頂いております。 ■ そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか  ISOの面倒なイメージを如何に払拭するかが課題でした。そこで、ISOは簡単だとひたすら言い続けました。そして、普段の業務で例えて、この要求事項はそういうことです。と一つ一つ事例を交えて、身近に感じていただきました。 ■ お役にたてそうと思うご相談分野  ISO9001の審査員の資格を保有しております。基礎的な教育はもとより、QMSの有効活用に関するご相談に関してお力になれます。 まずはお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。 関東講師5名

生産/調達

8000

容器・包装における研究開発の経験について話せます

■ 具体的な経験の内容  新製品開発に関して、営業からの情報から製品コンセプトを企画し、その企画された製品の試作・評価を行って、実際に工場においての量産適性を確認して量産化する製品開発全体のプロセスを経験しています。 開発のリーダーとして、デザインレビューの実施やプロジェクト管理の経験があります。 ■ 実績や成果  世界で初めて、発泡ペットボトルの量産化に成功し、青木固技術賞を受賞しました。  そのほか、新モデルのリリースは10種類程度の実績があります。 ■ そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか  発泡成形は、その気泡の制御に関しては非常に不安定な成形のため、品質の均一化が課題でした。一方で、発泡することによる製品の付加機能は外観特性と捉え、その許容品質を定義し、その定義を満たすため、成形技術として型間バラツキ抑制の技術を導入し、自動選別可能な外観検査機の開発導入をしました。 また、営業含めた社内各部門調整を行い、適時適切な報告を行うことで、プロジェクトの進行や進捗管理をすることで、各部門の協力を得ることができました。 ■ 業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無 飲料ペットボトルに関しては、飲料ブランドと充填メーカー、容器製造メーカー、その他キャップ、ラベル等のメーカーが携わっており、新商品開発は各業界の把握と情報共有が必要です。 ■ お役にたてそうと思うご相談分野 製造現場、開発現場における問題解決のご相談や、ムダ・ムリ・ムダの排除による業務効率化のご相談に関してお役に立てると思っております。 また、ISO9001の審査員の資格を保有しており、人材育成教育やQMS改善活動等でもお力になれます。 まずはお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。 横浜開発本部新製品開発責任者企画・設計段階から、工場量産まで数十名規模

新規事業/R&D

10000


自己紹介

東洋製罐株式会社で10年勤務し、主に新製品開発業務に従事し、10製品以上の新製品をリリースしてきました。また、製造現場の品質管理スタッフとしての経験もあり、製造現場の実態にも密接に関与してきました。ISO9001の審査員の資格を持ち、多角的で広い視野での問題解決を得意としています。
現在では、技術コンサルタントとして、業務プロセス分析や作業効率分析をしながら、お客様の生産性向上の支援をしております。



プライベートでは4人の子どもがおり、家庭内では育児に振り回されておりますが、自分の子どもとは言え、各人の性格の違いやそれに合った教育方法の違いなど、多様性に関する興味が膨らんでいます。
過去には13kgのダイエットに成功して現在まで4年間キープしており、それを自信に取り組んだ英語の勉強でも、TOEICスコアを1年で350点アップさせるなど、継続的な努力に関して耐性があります。現在では、中小企業診断士の資格を取るべく猛勉強中です。


職歴 / 学歴

職歴非公開 (相談時には公開されます)

  • 東北大学