氏名:非公開

職歴:非公開

(相談時には公開されます)

東京都新宿区


自己紹介

自社ブランド創設・利益アップ対策立案・経営リスク管理など経営協力の仕事をしています、
公認会計士・税理士の土井 善弘です。



今の会計事務所で大丈夫ですか?
利益管理はできていますか?
会社は儲かっていますか?
月次決算・財務分析はできていますか?
利益計画を作成していますか?
資金繰りは順調ですか?
販売価格の設定は適切ですか?
利益率は適正水準ですか?



<利益アップが必要な理由>



■消費者を満足させ続ける
■社員の生活を豊かにする
■納税して社会に貢献する



私はフリーの経営協力専門家として、利益アップ対策の立案を中心としたビジネスを展開しています。



経営者とともに取締役会・経営会議・営業会議等に出席し、個別の経営相談にも対応。



販売価格の設定や、マーケティング(顧客の獲得・維持・顧客満足度向上)戦略の策定等の経営活動を、経営者・社員・従業員と一緒に行います。



私の使命は、会社が利幅の取れる商売をして、資金余力・雇用余力を創出し、皆が幸せに働ける会社を作る支援をすることです。



適正な水準の利益を計上し続けることは、お客様に対して継続的に品質の高い商品・サービスを提供するために必要不可欠です。



新宿・渋谷・池袋・東京都内を中心に仕事をしています。



職業的専門家としての守秘義務がありますので、問い合わせ事項に関する秘密は厳守いたします。



【土井 善弘 プロフィール】



公認会計士(登録番号25537)
税理士(登録番号130290)



監査法人(BIG4系)と税理士法人での勤務を経て、現在、フリーの経営協力専門家として、経営者の最も身近な相談相手となり、経営者が本来業務(営業や商品開発等)に専念できる環境を確保する仕事に従事。



公認会計士のキャリアを生かし、利益アップ対策の立案、資金繰りの改善、従業員待遇の向上、人材確保・育成、内部管理体制の整備等に対応することで経営管理業務を代行。



利益アップを実現することで、資金余力・雇用余力を創出し、従業員への利益還元・時間的ゆとりの確保を図り、皆が幸せに働ける会社をつくることを使命とする。



<人生理念>



いつも笑顔で、明るく楽しく☆



<サービス理念>



経営者の希望・理念・悩み・危機感等を丁寧に聴いて、そこを支援する。



→経営者にとって、最も身近な相談相手・ビジネスパートナーとなる。



→経営者と従業員が幸せに働ける会社をつくることを使命とする。



<業務方針>



■経営改善のための気付きを与えること (利益アップ・利益管理)



■顧客企業の経営リスクを抑えること (経営リスク管理)



<経営相談の流れ>



①経営者の希望・理念・悩み・危機感等を丁寧に聴いて、会社の状況を把握する。



② 経営協力を行う上で、会社の業務内容の理解を深めるために、直近の決算書・確定申告書等を拝見し、また、具体的なビジネスの流れをヒアリングする。



③経営協力開始。



※経営協力を開始するまでの経営相談につきましては、無料で対応いたします。



<基本業務>



■予算作成支援



→経営目標の数値化を行い、短期的な目標になる達成可能な予算の作成を支援します。予算は従業員の業務目標となり、利益管理の指標になります。



■月次決算対応



→月次決算を行い、タイムリーな業績把握と予算比較・前年比較・同業他社比較、さらに、利益率等の経営指標分析等による利益管理に対応します。



<月次決算と予算管理との関係>



適正な月次決算の実施



→適正な決算書・確定申告書の作成



→適正な来期予算の作成



→月次決算における予算実績比較による適正な利益管理の実現



<会計データを経営戦略に生かす>



会社経営に会計専門家の分析・立案・管理能力を活用していますか?



領収書等を会計事務所に丸投げして、年に1回、税務申告書を作成してもらうだけだとしたら、もったいない。



数字が分からなくては、今月・来月にどのような手を打てば良いか判断がつきません。



蓄積した会計データを毎月の月次決算で分析し、財務的な改善ポイントを把握することで、今後の経営戦略に生かすことが可能になります。



<利益アップ>



利益アップの3要素



①売上の拡大



②限界利益率の向上



③固定費の見直し



利益アップにこだわる理由



利益アップ
→ボーナス・アップ
→社員のモチベーション・アップ
→営業力アップ
→さらに利益アップ



☆利益アップ→雇用余力の創出
→長時間労働の改善



☆利益アップ→キャッシュ・フローの増大
→資金繰りの改善



<経営改善支援>



■快適な労働環境・給与体系の整備
→従業員のモチベーションの向上



■組織管理体制の整備
→業務の効率化



■自主性を育てる効果的な人材育成
→組織力の向上



■円滑な組織内コミュニケーション
→信頼関係の構築



従業員が働きやすい職場にして、
利益アップの循環を生み出す☆



従業員を大切に育てていくこと、
「経営者に大切にされている」と、
従業員が感じられることが、
企業の永続的な繁栄を実現する☆



<経営リスク管理>



■企業の財務状況を分析し、財務リスクの把握、財務バランス改善の提案を行う



会計は経営実態を映す鏡であり、経営のリスクとリターンの情報は決算書に反映されます。



様々な経営指標を用いて財務分析を行うことにより、資金繰り状況や経営の安定性等を評価し、財務バランスの改善を提案します。



■経営意思決定上の不確実性を把握し、損失発生の可能性を抑える



リスク(risk)という言葉を聞くと、一般的には『損をする、危険である』という意味のリスクを想像されると思いますが、私が提供する経営リスク管理とは、『この先どうなるかわからない』という“不確実性”を把握し、管理することを指します。



「予定通りの収益が出るか」、「極端に悪化しないか」といった観点からリスク(不確実性)を把握し、社外の第三者として、確信が持てない点を確認することで、経営意思決定上の危険性(損失発生の可能性)を抑えます。



<経営理念の確立>



経営理念を確立し、従業員に浸透させることは、従業員のモチベーションを高め、企業成長のために、必要不可欠なものといえます。



企業繁栄のために最も重要なことは、経営者の姿勢であり、経営理念の確立と、従業員への浸透という前提があってはじめて、企業を成長させることができます。



私は、経営者の仕事は、究極的には顧客満足と従業員満足を高めることであり、その結果が、全ての利害関係者の満足につながり、企業の黒字化と永続的な発展につながると信じています。



<免責事項>



当ブログにて掲載されている情報は、掲載日時点での税法等に基づくものであり、一般的な内容について作成されたものです。税制は常に改正がされるものであるため、過去の記事については現在の税制に適合したものではないことがあります。税務の判断をする際には、必ず顧問税理士や税務署に確認してください。当ブログの情報によって誤った判断、解釈をされた場合においても、当方では責任を負いかねますのでご留意ください。



<主な活動地域>



新宿・渋谷・池袋・新木場・原宿・代々木・中野・杉並・銀座・浜松町・品川・目黒・世田谷・港区・東京ベイサイド(お台場・竹芝・晴海)・赤坂・六本木・麻布・青山・表参道・恵比寿・代官山・広尾・白金・文京・練馬・板橋・上野・浅草・墨田・江東・江戸川 他 東京都内


職歴 / 学歴

職歴非公開 (相談時には公開されます)