氏名:非公開

ソニー株式会社

Kawasaki-shi, Kanagawa, Japan

こんなことお話できます

光ストレージ機器におけるDisc Typeの判別法、EMC対策についてお話できます

1992年の入社以来、MO,PS3,BDとほぼ一貫して光ディスクドライブ装置のソフトとハードに跨った電気設計を担当して参りました。その中で品質保証や安全規格にも関わる機会も多かったです。 2004年から2006年:プレイステーション3搭載のBD Player 2006年から2012年:Note PCに搭載されるBD Recorderソニー ソニー・オプティアーク電気系設計者として、主にDisc Type判別方法の確立やEMC対策に従事した。1番はプレイステーション3におけるDisc Type判別方法(BD or DVD or CD or SACD hybrid)を確立したこと。 2番は不要輻射、静電破壊等のEMC対策の成功1番: 当時のTopの意向で1つの対物レンズでBDからCDに対応しなければならなかった。このような無理をすると、光学的なノイズが大量に発生する。 これらのノイズの影響を受けずに安定したDisc Typeを判別することは難しかった。 しかしノイズの出方はランダムではなく、一定のパターンが存在した。そのパターンを認識することで、安定したDisc Type判別を可能とした。 2番: 不要輻射対策はメカの隙間を抑えることと、適切な接地(アーシング)が大切と考える。 また静電気の侵入防止は機構(メカ)で行うのが本筋であるが、メカの変更を行う時間的猶予がなかったため、バリスタという部品で対策した。プレイステーション3におけるDisc Type判別方法は特許公報に載っている。 http://astamuse.com/ja/granted/JP/No/4231077 日本では既に権利が放棄されているが、米国では維持されている。 http://pdfpiw.uspto.gov/.piw?docid=07746747&PageNum=1&&IDKey=8CC96A2E05C6&HomeUrl=http://patft.uspto.gov/netacgi/nph-Parser?Sect1=PTO1%2526Sect2=HITOFF%2526d=PALL%2526p=1%2526u=%25252Fnetahtml%25252FPTO%25252Fsrchnum.htm%2526r=1%2526f=G%2526l=50%2526s1=7746747.PN.%2526OS=PN/7746747%2526RS=PN/Disc Type判別方法の確立でも苦労したが、同時にEMCでも多くの修羅場を経験している。 よってEMCで苦労しているエンジニアに良いアドバイスができると考える。ソニーでの最大の成果は上記のDisc Type判別方法の確立と考えているが、残念ながら光ストレージ装置はメジャーとは言えなくなっている。新規で開発することは今後無いであろう。

電子部品/半導体

15000


自己紹介

1992入社



主としてMO Drive装置やProDATA Drive装置の電気設計に従事



2004~2006:
Play Station 3に内蔵するBlu-ray Driveの電気系設計(Disc Type判別、基板設計等)



2006~2013:
Note PC, 及び薄型TVに内蔵する12.7mm slim Blu-ray Driveの電気系設計(Disc Type判別、EMC等)


職歴 / 学歴

  • 1992/4

    ソニー株式会社

    1992/4 継続中

  • 1983/4

    神奈川県立光陵高等学校

    1983/4 1986/3

  • 1986/4

    横浜国立大学 /工学学士

    1986/4 1990/3

  • 1990/4

    横浜国立大学大学院 /工学修士

    1990/4 1992/3