1-A.公募案件を登録する

多くのアドバイザーにアプローチしたい場合は「公募」がおすすめです。
想定外の属性のアドバイザーからの提案が実施につながる場合も。

1.テンプレートを選択

依頼する > 公募を作成 から作成を開始しましょう。
まずは、相談したい内容に近いテンプレートを選択します。

すべてご自身で入力したい場合は「テンプレートを使用しない」を選択すると、空の状態から依頼内容を入力することも可能です。

目的に応じてテンプレートを選択

ユーザーインタビュー

  • 新規事業や起業時の想定顧客に対するニーズ調査
  • 試作中のサービスへのフィードバック

ビジネスアドバイス/業務改善

  • 既存事業に関するエキスパートインタビュー
  • 社内の制度改善について経験者へのヒアリング

市場調査/業界ヒアリング

  • 事業開発時の市場調査

転職、キャリア相談

  • 転職を検討している業界に関する情報収集

2.内容を入力

入力欄下の説明を読みながら、依頼したい内容を記入しましょう。
細かく書くことで、条件に合うアドバイザーが集まりやすくなります。

「依頼主の情報」は、アドバイザーが競合性を確認するための大切な項目です。
ご自身や支援先の業界・業種を具体的に書きましょう。

※情報が不足している場合、公募案件が取り下げられる場合があります

謝礼金額の設定

アドバイザーへ支払うおおよその謝礼金額を入力します。
依頼内容によって目安金額は異なるため、ご自身の予算と調整の上金額を設定しましょう。

謝礼金額の目安(1時間あたり)

  • ユーザーインタビュー: ¥10,000 〜 ¥20,000
  • 市場調査やノウハウ相談: ¥20,000 〜 ¥30,000
  • 経営者や医者へのインタビュー: ¥60,000 〜 ¥70,000

3.公開する

最下部の「公募を開始」を押すと案件が公開されます。
公開せずに下書き保存することも可能です。

公開した案件や下書き保存した案件は「公募案件管理」ページから確認できます。

4.公募案件管理

案件管理 > 公募案件管理 を開くと、作成した公募が表示されます。
このページでは、募集状況や各アドバイザーからの提案を確認できます。
提案を比較して、気になるアドバイザーとの事前相談に進みましょう。

公募案件管理でできること

募集期限の管理

  • 期限前に募集を終了
  • 期限を延長して、募集を再開 (詳細を見る

提案の管理

  • アドバイザーごとに、状況や次にやることを確認
  • 提案にメモをつけて管理
  • 提案の一括キャンセル (詳細を見る