小売/飲食/生活 のアドバイザー

小売業界の市場規模は2015年現在で41兆円と推定される(出典:矢野経済研究所『2015-2016 流通小売市場白書』)。 業態としては、GMS、スーパー、コンビニ、百貨店、ホームセンター、専門店等様々である。 主なプレイヤーとしては、セブン&アイホールディングス、イオン、セブンイレブン、ローソン、三越伊勢丹ホールディングス等が挙げられる。 中小専門店は、業種を問わず転廃業を基調に縮小が続いている。中堅企業は流通再編に在り、有力どころではM&Aの渦中、新たな成長戦略に取り組んでいる。大手においてもシェア争いに躍起である。 ICTを駆使したビジネスモデル、ネット通販戦略が市場を牽引しており、最近ではビッグデータを活用したデジタルマーケティングも進んできている。 成熟の域を脱し、モノ離れが顕在化している中で、サービスと消費文化を小売企業のMD、マーケテイングにいかに組み込み、顧客の共感やロイヤルテイを獲得していくか注目される。

ビザスクに登録してアドバイザーとして活躍しませんか?

現在、企業にお勤めの方やOBの方まで約30,000人が登録し、活躍。
ビジネスマンの新しい経験の活かし方として注目されています。
アドバイザー登録をすることで、組織・世代・地域を超えた知見活用が可能になります。

新規登録(無料)