DATE 2015-08-31

イベント報告:投資のプロはA4 1枚で判断!?

イベントレポート

【M&A戦略勉強会 with visasQ】

M&A戦略立案・実行に際して、どの点に注目し、どのように推進していくべきか。
投資判断を下す為に、どのように、どのような情報を入手し、活用していく必要があるのか。そして投資先の価値向上に向けたヒントとは。

既存事業とのシナジーを生む、新しい市場に進出する、あるいは全く新しい事業価値を創り出す等、企業価値創造に直結する戦略として高まる投資やM&Aの重要性。

日々様々な案件を追われている投資・M&A担当者の方々をサポート出来ないかと考え、今回の第1回を皮切りに様々なゲストをお呼びしてM&A担当者向けにセミナーを開催していくことになりました。

記念すべき初回(8月20日開催)は、弊社代表端羽の前職でもある投資ファンド ユニゾン・キャピタル株式会社の安岡様をゲストに迎え、「情報収集から投資実行まで」をテーマに実際の実例を踏まえながらQ&A形式にて開催しました。

 

第1回: 「情報収集から投資実行まで」 ゲスト ユニゾン・キャピタル株式会社 安岡様

”時間をかけて精査していく案件の取捨選択には「投資テーマ」が重要な分かれ目”

ユニゾンでは、様々なチャンネルから年間100~120件程度の案件情報が飛び込んでくる。その中から、30件程度に絞り込んだうえで精査するフェーズに進むが、その選択で重要になるのがA4用紙1枚でまとめあげる案件シート。面白い案件か、自社がやるべきテーマなのか等、いくつか定められた項目を記載し、社内全体で共有したうえで、精査のフェーズに進むかどうかを検討するとのこと。

(尚、コールドコールによる営業アポイントから実際の案件になったのは、過去を見ても数件程度で、業界的にも非常に珍しいとのこのこと。)

いくつかの項目の中で一番重要だというのが、「投資テーマ」。この点が定まらないと次のステップに進めるのが難しいという。

一方で参加者から、投資検討で重要視する項目として多く意見が出たのは「既存事業とのシナジー」で、事業会社とファンドの立場の違いが興味深くありました。

ユニゾン・キャピタルでは、

・過去の投資実績から蓄積したノウハウの活用余地の検討

・日頃から収集している情報の活用(業種やテーマ毎のチームがあるとのこと)

・ターゲット企業を良く知る金融機関等からの情報収集

・業界関係者にヒアリング

などの手法から分析を行い、テーマ選定を行っていくという。

上述の通り、最重要視する点に少し違いが見られたものの、最近の入札案件ではファンドと事業会社が競合する機会も増えてきており、ファンドだからこそ出来ることは何なのかを検討するとのこと。

 

”バイアウトファンドだからこそできることがある”

テーマ設定をした上で投資検討時にみるポイントは、

・そこにユニゾンとして影響力を及ぼせるところはどこか

・利益の源泉が、どういう仕組みで生まれているか

などだとか。

特に、ユニゾンがやる意味を「チャレンジ」という項目から精査し、やるべき案件を絞り込んでいくとのこと。様々なチャレンジがあるが、一般的に投資ファンドが入ることで、今まで躊躇われていた施策を打つことが出来たり、成長への期待感から良い人材が集まりやすくなり、いい循環を作り始めることが可能になるという。

 

”ペーパーに留まらない知見者インタビュー実施により分析精度をあげる”

リスク分析は定性・定量面から行うが、定性面の分析では知見者インタビュー等を実施。ペーパー上では分からない本当の情報を得るために、必要に応じて関係者にヒアリングを行い、判断材料にしていくとのこと。特に、政府統計もなく、リサーチ会社の市場統計が適さない場合は重要になっているという。

その他、質疑応答では、「イグジットの設計方法」「市場規模の算出方法(市場規模を小さく狭めシェア高く設計 or 市場規模大きくとり、シェア低くても売り上げがでる等)をどう使い分けているか」「コンサルティング会社の選定方法」などかなり具体的なご質問も多く出ましたが、都度具体例を交えながらお答えいただき、会場全体で具体的イメージを共有しながら会を催す事が出来ました。

 

尚、次回開催は9月下旬から10月前半頃を予定しております。

 

ビザスクに登録してアドバイザーとして活躍しませんか?

現在、企業にお勤めの方やOBの方まで約35,000人が登録し、活躍。
ビジネスマンの新しい経験の活かし方として注目されています。
アドバイザー登録をすることで、組織・世代・地域を超えた知見活用が可能になります。

新規登録(無料)

ビザスクとは?

イノベーションに社外の知見を活用。

「ビザスク」のスポットコンサルティングは、業界や業務の経験者だからこそ提供可能な「アドバイス」を1時間からマッチング。
大手メーカーや商社の新規事業/R&D部門、経営企画部門にご利用いただいています。

お問い合わせ

050-3186-4546
support@visasq.com