DATE 2015-07-03

人間の脳を超える?!人工知能搭載ツール3選

企画におすすめ

AI(人工知能)に関するニュースを目にすることが多くなった今日この頃。映画の世界のイメージが強い人工知能も既に様々なプロダクトに応用されています。そこで今回は、人工知能の基礎知識から応用したサービスをご紹介します。

業界情報やハウツーアドバイスなど、必要なとき必要な分野のピンポイントなビジネスナレッジを求める企業や個人に対し、誰もが実務経験を生かしてスポットコンサルできるプラットフォームです。

人工知能とは

1956年にダートマス大学のジョン・マッカーシーが開催した会議の提案書で初めて「人工知能(Artificial Intelligence)」という用語が用いられたとされています。大きく二つに大別されますが、一つは「機械学習」と呼ばれるもので、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとするアプローチです。他方は、計算知能(Computational Intelligenc)で、学習や適応や進化などを用いて知的なプログラムを作成することを目指しています。

 

人工知能のトピックス

人工知能の研究が人類や社会に及ぼす影響については、科学者、社会学者、政界、ビジネス界など様々な立場からある種の警鐘が鳴らされてきたのも事実です。そのような中で、2015年1月に物理学者のホーキング氏、テスラモーターズのマスク氏などの手で人工知能の優先順位に関する意見書も発表されています。これは、人工知能の研究に反対するものではなく、人工知能はあくまで人間のコントロール下において活用することなどのガイドラインを示したものとなっています。

 

人工知能を活用したサービスは?

Less Mail

メールの返信の効率アップツール。メールを読み上げるほか、簡単な返信文章も構成してくれる。

 

センシー(SENSY)

服の好みを分類していくと好みに合う商品を学習し、世界のECサイトから商品を集めてくれる。トレンドの変化にも対応したレコメンドもある。

 

Entelo

各種メディアから3,000万人の候補者を検索・スカウトできる転職活動が活性化するタイミングを予測する機能もある。

 

ビザスクには、人工知能に関する知見有するアドバイザーも登録しています。アドバイザーの経験やスキルはこちらからご確認いただけます。

 

ビザスク スポットコンサルで目の前の課題を解決しませんか?

現在、企業にお勤めの方やOBの方まで約35,000人がアドバイザーとして活躍。
自らのネットワークでは出会えない業界・分野の第一線で活躍する専門家に相談可能。
まずはサイトに登録して、アドバイザーを探してみませんか。

新規登録(無料)

ビザスクとは?

イノベーションに社外の知見を活用。

「ビザスク」のスポットコンサルティングは、業界や業務の経験者だからこそ提供可能な「アドバイス」を1時間からマッチング。
大手メーカーや商社の新規事業/R&D部門、経営企画部門にご利用いただいています。

お問い合わせ

050-3186-4546
support@visasq.com