新機能「通話課金」で1分単位の相談が可能に

  • 通話課金機能とは

    通話課金機能は1分単位で電話相談が行える機能です。従来のスポットコンサルでは、30分単位で謝礼金額を設定して電話/対面でスポットコンサルを実施していただいておりましたが、通話課金では1分単位で謝礼金額の単価を設定することができ、電話で実際に通話した時間に応じて謝礼金額が決まります。通話課金機能は「相談したいけれど何分くらいかかるかわからない」、「ちょっとした質問を15分くらいで聞いてみたい」、「スポットコンサルを試してみたい」といった用途で、気軽に相談を行っていただくことができます。

  • ご利用方法

    現在、通話課金機能は公募案件でのみご利用可能です。

  • 依頼者の方へ

    通話課金機能を利用した公募案件は従来の公募案件と同様、公募案件作成画面から作成できます。スポットコンサルの実施が確定して、面談開始時間になりましたら、事前相談画面の「電話する」ボタンより通話を開始してください。通話は依頼者からのみ開始することができます。また、携帯電話でも固定電話でもご利用可能です。

  • アドバイザーの方へ

    通話課金機能を利用した公募案件は従来の公募案件と同様、公募一覧画面に掲載されます。スポットコンサルの実施が確定して、面談開始時間になりましたらビザスクにご登録の電話番号に依頼者より電話がかかってきますので、通話を開始してください。

  • ご利用料金

    通依頼者は1分100〜1000円の間で50円単位で謝礼金額の単価を設定することができます。アドバイザーへお支払いする謝礼金額は実際に通話した時間に応じて分単位で算出されます。
    ※アドバイザーには手数料30%を除いた金額がお支払いされます。通話課金をご利用する場合、謝礼金額とは別にシステム利用料として20円/分の費用が発生します。

    通話課金機能について、詳しくは「通話課金機能のご利用方法」をご確認ください。