氏名:非公開

株式会社リヴエイド / Facebook集客コンサルタント

Osaka, Japan

自己紹介

こんにちは、株式会社リヴエイドの藤木美香です。



全国からアポが殺到するコンサルタント
営業講師



【無料診断】
Facebook集客レベル 5つの質問に答えて簡単チェック✔

http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/2460



WEBコンサルタント(年商50億のメーカー様のコンサルをしています。ディズニー・サンリオのグッズOSUM)→http://osum.ne.jp



新入社員研修の講師( 厚生労働省認定プログラム )



講演活動 ( 自己分析セミナー など )→http://miyumari0709.net



本の執筆 「悩みが消える あなた解読書」Amazon Kindleで好評発売中。→http://miyumari0709.net/net/7/



youtuberとしての顔も持つ → 美香のイラスト♪お絵描きチャンネル https://www.youtube.com/channel/UCu6c48OKtKwI_6SYtTUi96Q
「人々に幸せを提供できる会社にする」



1人で生きてきたわけではないと苦労の中で分かりました。



社会に返していけるような仕事をこれからもしていくのが私の使命だと思っています。



こちらは、自己紹介です。
長いので、お時間ある時にでも読んでみてくださいね



私は、1982年 松田聖子の「赤いスイートピー」が発売された年に生まれました。



大阪の堺市という千利休・与謝野晶子などが出身の市で生まれました。 小さな頃は、とても大人しくて絵を描いたり、本ばかり読んでいるような子でした。漫画家になりたかったです。「スラムダンク」「ドラゴンボール」「幽遊白書」「イタズラなkiss」「姫ちゃんのリボン」などなど色々と読んでいました。



家では話すのに人見知りで、外では会話することが上手くできませんでした。



足が遅かったし、運動神経も悪かったので体育も苦手でした。



私は長女で、下に三人の妹がいます。四姉妹は珍しがられました。ポッキー四姉妹(懐かしい)か若草物語みたいな感じ、、、とはいきませんが、仲のいい家族です。



とにかく中学校までは、特に暗い子どもだったので一応勉強は少しだけしていました。今思えば要領が悪すぎるけれど、一度取り組んだ物事は必死にする方でした。



高校に入るときに、本当に漫画のようですが”高校デビュー”をしたいと思い自分を変える行動を始めました。



自分から、人に挨拶をする・声をかける



見た目を気にする



軽音楽部に入る



接客のバイトをする



どれも、普通の人からしたらチャレンジでもなんでもないです。 当時の私からすれば勇気がとても必要なことをしていきました。



ここで行動を起こしていなかったら、今後の人生も営業や起業なんて絶対していなかったでしょう。少しの勇気と、行動力そして良くなりたい気持ちは大切だと思います。



周りは進学をしたり留学をしたりしていたのですが、私は昔から漫画家や役者など実力で仕事をしている方に憧れていました。 なので、就職の紹介も断り高卒で社会人をしながら演劇のスクールに通いました。



初めて、本格的に仕事をしたのが良かったのか悪かったのかフルコミッションの営業でした。



私は、21歳になりたてでした。



当時していたアルバイトも辞めて、固定給も保障も交通費も何もない状態で営業の仕事をしていました。バカなくらい思い立ったら即行動だなぁと、振り返ると自分でも怖いくらいです。



訳も分からず社会も知らない中、個人事業主として活動していました。



小さな地方のベンチャーで、休みもない超ブラック企業でした。契約的には雇われていませんので労働基準法とかも関係なく朝から晩まで会社にいるか、外回りをしていました。



この当時は、本当に寝ていなかったです。ふらふらしながら、ノルマに追われていました。



ただ運が悪かったことに、こういう状況に耐えてしまうどこか楽観的な心の強さと身体の強さを持っていたので8年近く続けてしまったのです。



グループ会社の中でも、常に1位を争うような結果を出してました。



才能・経験・ノウハウ・心理学なんて、当時の私はどれもなかったです。月並みですが必死に努力し、不足しているものを補うくらいの行動量をこなしていただけです。



その経験は血となり肉となり、自分自身に染みついているので後悔はしていません。



しかし、ずっと無理をして仕事をしていて心も身体も限界にきていました。このままでは将来が不安、、、やってもやっても報われていないような挫折感がありました。



それと、もっとお客様目線で仕事をしたい。お役に立って、喜んでもらえるものを柔軟に対応できるようになりたいという気持ちが強くなっていきました。



「30歳で、独立する。」と、言葉に出して人に伝えていたので”やらなくちゃ”と自然と29歳の時に環境を変える決意が出来ました。



その会社を辞めて、独立起業をしました。株式会社リヴエイドの設立です。会社名は



Live 生きる、生活する



aid 支える



という私が勝手に作った造語なんです。



ワクワク・ドキドキハラハラで自分の会社を立ち上げて、テンションが上がっていましたし 当時の私は、経営者はかっこよくいないといけないと思い無理をしていました。



実は、設立当初から仕事もないのに人を2人雇ってスタートしたのです。これは、本当に本当に大変でした。



取引先も商材も少ないのに、毎月の支払いは何十万とあり、、、従業員は文句ばかり陰で言って最低限しか働かない、工夫もしないという日々でした。



地獄のようでした。



もちろん人を束ねたり、育てたりする才能がある人は最初から雇って上手くいっている方もいます。当時の私には、人を雇い育てられる器はなくて”起業は、そんなに甘くない”と痛いほど感じました。



在庫がなくても出来て、人のお役に立てるということで乗合の保険代理店になり相談を受けていました。自分だけが契約をとっていたので、個人事業主とあまり変わらない状況でした。



人件費・・・というのは、会社員では経験することがないので良い経験になりました。



結局、一年間は人を雇いましたが従業員が辞めたので一人になりました。



二年目は自由に動くことにして、法人営業にシフトしていくことにしました。保険料の削減や見直しだけではなく、家賃や電気代の経費削減の営業活動をしました。



これは、初期投資もほぼいらないプランですし好評いただきました。東京と大阪をメインに活動し顧客を増やしました。



1人で動いていた私に転機がきたのは2年目以降の経営者の方との出会いです。



メンターと呼べる方がいなあったのですが、目指すべき人間力のあるオーナーと出会いました。良い出会いは、連鎖するのか10年以上経営されていて立派な結果をだされている経営者の方とお会いできるようになりました。



きっかけは実は、たまたまだったりするのですが行動をしていたからこそだと思います。



SNSの更新も無駄ではなく、そこから経営者の方との繋がりができ今はビジネスを共にしております。



今も人は雇ってはいませんが、提携し力を合わせて大きなプロジェクトにとりかかったりもしています。



起業をして3年で、考え方や人に対しての行動が大きく変わったと自分で分かります。



私の強みは、笑顔とエネルギーでどんどん進んでいっことです。そのかわり、猪突猛進すぎて失敗することもあります。



必ず、やり抜くという気持ちは誰にも負けませんので、これからもよろしくお願いいたします。



気軽にメッセージくださいね♪


職歴 / 学歴

  • 2012/4

    株式会社リヴエイド /Facebook集客コンサルタント

    2012/4 在職中

  • 大阪府立泉北高等学校 (Osaka Prefectural Semboku High School)