氏名:(開示前)

合同会社渡辺商事 / Watanabe Trading LLC / 代表社員 / CEO

(決済前には開示されます)

Koriyama, Fukushima


自己紹介

心の憲法



基本的人権を何より尊重し、国際社会の持続的経済発展と世界平和を、社会的課題の解決に継続的に取り組む事で、一歩づつ実現し続ける事を再是としています。人類の将来の為に明確に行動なさる方を支援します。



2016.6.13



【国連憲章すらベーシックインカムは書き換える】
様々な国家や国民の多様な価値観は尊重するとしても、人類が唯一否定出来ない普遍的価値観として、要は基本的人権の本質的平等があると思います。
その表層としての、国家内における実質的な最低所得保証制度を提案する事は、難しく言うと伝わらないかも知れませんが、唯一残されたフロンティア、唯一震源地から世界に革命的な影響を波及出来る領域であると、心から思います。



歴史的な事実から概して言えば、イスラム教的戒律を再是とする中東圏と、キリスト教的規範価値に基づく西欧圏が、その本質的理想を等しくしながらも誤った解釈を招いて、結果双方に悲劇を残した事は非常に残念な事ですが、十字軍もジハードも21世紀には不要です。
つまり、文化毎の規範的価値観の相違は認められるべきです。



である以上、世界統一的人権規範保証構想は、ベーシックインカムを経由して実現出来るし、他には見当たらないかもしれません。
なおさら実現するべきですね。



私の目標は、まずは日本でこの制度を導入する為に、制度設計を完成させた上で民意に提案する事です。
実現時期は神のみぞ知る事ですが、間違いなく導入されます。
だって、今フィンランドで2000人がこの権利を得ている訳です。
それを知ったフィンランド人はほぼ全員が、当然自分にも認められるべきだと、間違い無く思うでしょう。
同様に、国家の枠を超えて波及していく事は自明です。
もう既に始まったのです、誰にも止められないですよ。



言い換えれば、2017年の1月1日に新しい権利規範が生まれたのです。
国連憲章すら、容易に書き換えてしまうでしょう。
例えるならこれは、21世紀におけるフランス革命です。
党利党略と言う名のバスティーユ牢獄を、今私達は襲撃すべき時なのです。



具体的にどう実現するか、過去の投稿に沢山書きましたが、もうほぼ概略図は出来ています。
後は技術力と詳細情報が足りれば、確実に問題なく実現、かつ継続的運用が出来ますね。



仮に僕がこの構想を携えてて、公職に就く事を有権者から認められたとしましょう、2週間で国民の関心を集める自信が有ります。
誰が命を失う事も無く、誰が自由を侵される事も有りませんから。



この経済文化的偉業に抵抗なくまずは日本人が関与できる様な提案を示す旅路、私の物語はプロローグを終えました。
皆様、革命前夜はどうやら夜明けを迎えた様ですね。
おはようございます。



いいねを求めて書いて無いですが、なんだかんだ無いと寂しいですね(笑)
さて、生ハム食べます!



2017.1.23



【国連大学へ、引いては国連加盟国の全市民へ】



"
国連大学の皆様



昨日と本日、お電話で、此方からコンタクトを取る様に伝えられました。
以下の構想に関して、知見がお有りの志有る先輩様との情報共有を、望んでおります。
その意味で、様々な点から最先端で有ろう国連大学様が、最も適切な送付先だろう、と思い、お送り致します。
2016年9月1日のFacebook投稿を借りて、概説をお送り致します。
続きも、後15万字くらいは有りますから、続きをご希望ならFacebookでご確認下さい。



facebook.com/amdg1130



考案者も提唱者も私です。
何より、本気で実現させたいです。
人類の、お金が無くて困って非行に走る様な精神状態、如何にかしたいです。
ドバイ等の、実質的ベーシックインカム制度でも別に良いですけど、相対性の中で決する国際社会において、ほぼ全ての国では、再度のシステム構築が望ましいでしょう。



国内外の政党や企業にも打診をしております。
是非、国連大学様に、宜しくお願い致します。



以下、投稿より。



【変動制ベーシックインカム構想は人類の希望】
私が考える『所得自動算出機能と連動したベーシックインカム』とは、みんながお金を①合法的に、かつ②合理的に、使えば使う程増える一種の生活保護を、③国民全員に無条件で税金から、配ります、という制度です。



①合法的に、とは、いわゆるアングラマネー、つまり違法にやり取りされる市場は、所得保障額の加算範囲外にするという意味です。
こうすれば、お前ら違法な金のやり取りするな、マネーロンダリングなんてするな、真っ当な商売をしろよ、という風潮を、少なくとも作る事が出来ます、でもアンダーグラウンドの世界を好むか否かは、個人の自由ですよ。



②合理的に、とは、お金の流れとは言い換えれば情報処理です。
貨幣通貨よりも仮想通貨的技術に基づく法的兌換電子通貨を、皆が使用した方が、例えば情報処理は格段に容易くなります。
この場合、皆が例えばマイナンバーカード等に自動でお金が振り込まれる制度を実現すれば、その瞬間の税収を、格段に迅速かつ適切に把握する事が出来ます。
このデータを、今で言う日経平均の様に瞬時に計算できるCPUを政府が獲得すれば、じゃあ仮想通貨的法的兌換電子通貨、長いですが、国が法律で認めるPASMOみたいな感じです、これを皆が使えば使う程、計算が簡単だからこっちをみんなが使う程、より所得保障額が増える様にしよう、という事です。



こうすれば、時代遅れの現金を使う奴は社会悪だ、という風潮が出来ます。
使うのは自由ですよ、袖の下を通したい時は、現金を引き続き使うべきです、でも公には使いづらくなりますね。



③国民全員に無条件で税金から、でいいんです。
成果報酬が認められない営業マンは絶対手を抜きます。
だから、国民全員に無条件で完全成果報酬型の生活保護を配ればいいのです。
そうすれば、皆が素直に所得を増やす事に邁進するでしょう。



筆頭に挙げられる批判要素として、みんなが働かなくなったら、税収が減って、貰えるお金が減りますから、例えば働けるのに働かない方は白い目で見られるかもしれません。
でも日本なら、お金は目安として月8万円程度入る試算も有ります。
加えて例えば、世帯収入1150万円以下の皆様は潤うという試算もあります。



試算の段階で無責任に提唱している訳では無く、続きはFacebookに、既に書き綴って居ますし、今後も更に構想を、当然磨いて行きます。



導入には、様々な税制や制度を、連携して転換し続ける必要性も伴いますので、実現には国際的な議論換気が必須で有り、その意味で今が良い構想拡大期だろう、と思っています。



メリットとして、例えばブラック企業問題も、辞めても最低限の生活には困らないので、自分の意思で猶予を選べますし、様々な自由を間接的に尊重する事に繋がる制度だ、と言えるでしょう。
この制度が実現した暁には、全国民の特に経済的な不安要素を、ある程度は緩和させる事が出来る、と私は捉えています。



日本なら、日本国憲法第25条。
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。



この尊重すべき概念の、最も明確な具現化策として、変動制ベーシックインカム、私は不可欠だと思います。



加えて、所得保障水準は3階層が良いと思います。
天下三分の計、です。
世界を3つに分けます。



ご連絡お待ちしております。



iPhoneから送信



〒963-8025
福島県郡山市桑野3-19-18
渡辺雅彦
a.m.d.g1130@icloud.com
080-4516-8048
"



2017.3.31


職歴 / 学歴

  • 2014/5

    合同会社渡辺商事 / Watanabe Trading LLC /代表社員 / CEO

    2014/5 在職中

  • 2006/4

    福島県立安積高等学校

    2006/4 2009/3

  • 2009/4

    慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス / Keio SFC

    2009/4 2013/9