氏名:非公開

株式会社デンソー / シニアアドバイザー

クルマの自動運転システム

自己紹介

1985年、クラウンのカーナビシステム向けのデジタル地図を開発・製品化。その際、国土地理院から初めてのデジタル地図の成果使用承認は、デンソーが受けたのであった。以来、カーナビ開発に従事し、米国Lexus、GM-Cadillac、MB-S/Eクラス、Jagure-Sタイプのカーナビ開発マネジメント、その結果、デンソー製カーナビのシェア1位、J.D.Power1位を取った。レジェンド オブ カーナビと呼ばれる。Navteq社(現HERE社)、TeleAtlas社(現TomTom社)、四維図新、ナビ地図の世界展開に尽力し、ナビ地図業界での、その名、超有名。
2005年より、ボッシュ&デンソーのJV:Advaced Driver Information Technology社を設立、その技術開発戦略会議委員、EUとの太いパイプあり。
2012年のGoogleの自動運転カー発表以来、クルマの情報化は、ナビから自動運転へとシフトすると直感、高精度地図やコネクテッド技術がキーになると、デンソーを動かし、ADAS推進室を発足させ、今はADAS事業部に発展させた。
2016年、Michima Consulting LLCを設立し、デンソーからシニアアドバイザーで留まってくれと頼まれ、兼任しつつ、HERE社顧問、光庭インフォ社顧問、請け負っている。現在、国交省のASV6プロにて、バス・トラドライバ異常時対応システムにて、日本からADAS向け技術ネタの発信を仕掛けている。


職歴 / 学歴

  • 株式会社デンソー /シニアアドバイザー

  • 1975/4

    名古屋大学

    1975/4 1977/3

  • 1971/4

    名古屋大学

    1971/4 1975/3