氏名:非公開

ケーズプロセス技研 / 代表

関東、東京

こんなことお話できます

プラント建設におけるプロセス開発、プロセス設計、基本設計、技術供与、プロジェクト管理、ビスフェノールA、プラント建設契約についてお話できます

1)プロセス設計手法開発 1976年~1977年: 石油・石油化学プロセスの省エネルギー化の為の、エンタンピー解析に基づく熱交換器ネットワーク設計手法の開発を行う。 2)ITシステム開発   1978年~1986年: 経済性評価プログラム、定常プロセスシミュレーターや蒸留塔レイティングプログラムなど汎用計算機用プロセス設計ソフトウエアのITシステム開発を行う。 / 1988年: L社殿向け脂肪酸アミン製造プラント用保全システムの概念設計を行う。/ 1997年: プロセス系ソフトウエア開発管理を指導する。 3)通産省サンシャイン計画における石炭液化プロセス開発 1982年~1984年: NEDO殿による石炭液化プロセス開発において、石炭液化プロセスのプロセスシミュレーターの開発を行う。/ 1986年: エンジニアリング振興協会の研究部会において、石炭液化データベースのシステム概念設計を指導する。 4)セカンダリブチルアルコール合成反応工程の工業化 1985年: I社殿の新MEK製造プラント建設において、超臨界反応条件のSBA合成反応器の工業化を行う。実験データ解析・合成反応器設計・試運転立会いを実施する。 5)ダイナミックシミュレーションによる最適化設計 1986年: T社殿の富津LNG受入基地建設において、長距離ガス送出導管圧力制御システムのダイナミックシミュレーションによる最適化設計を行い指導する。 6)スルファミド製造プロセスの工業化設計 1987年: D社殿のスルファミド製造プロセス開発において、反応実験データ解析から反応器設計など基本設計を行い指導する。 7)新ビスフェノールA製造プロセスの工業化 1989年: 自社BPAプロセスの工業化研究を主担当者としてプロセスの基本予備設計を行い指導する。国内・海外特許を数多く取得した。/ 1990年~1992年: S社向けBPA製造プラントの基本設計・詳細設計・試運転を技術責任者として行い指導し、年産70,000トン商用プラント第1号の成功に貢献した。/ 1993年~1995年: 商用プラント第2号として、T社殿向けBPA製造プラント年産25,000トンの基本設計・詳細設計・試運転を技術責任者として行い指導し、第2号の成功に貢献した。/ 1995年~1997年: 商用プラント第3号として、M社殿向けBPA製造プラント年産70,000トンの基本設計・詳細設計・試運転を指導し、第3号の成功に貢献した。/ 1997年: BPA製造プロセスの開発が成功したことにより、開発主担当者として社長功労賞の受賞を代表した。/ 2000年: 「高品位BPA製造プロセスの開発」によって、石油学会賞を社名にて受賞し、受賞講演を行った。 8)自社開発プロセスの開発・設計の技術管理と技術セ-ルス 1999年~2000年: BPA製造プロセス、新酢酸製造プロセスなど開発・設計を管理指導し、国内・海外顧客に対して技術セールスを行う。 9)プロセスの開発・設計の技術管理と技術セ-ルス 2001年: エチレンプロセス、BPA製造プロセスなどのプロセス設計やプロセス開発業務について管理指導を行う。 10)技術管理と品質管理 2002年~2007年: 月島機械株式会社において、取締役・執行役員・技術統括として、産業プラント分野(民需)の営業支援業務、基本設計業務、詳細設計業務、プロジェクト遂行業務、品質管理業務の管理指導を行う。 11)プロセス開発 2007年6月~8月: 民需部門おけるpジクロロベンゼンの製造プロセス開発指導を行う。 12)プロセス開発支援 2007年9月~20010年3月: 千代田アドバンスト・ソリューションズにて、テクニカル・アドバイザーとして、EUREKAプロセスのライセンサーパッケージ作成支援を行う。 13)コンサルビジネスUAE展開 2011年4月~2012年2月 : UAEのLNG生産顧客へプロセスソリューションビジネスを推進した。 14)教育活動 2008年4月~2011年3月: 非常勤講師として、工学院大学にてプロセス設計/プロセス設計演習の講義を担当する。 15)技術コンサルタント業 2012年8月~現在 ケーズプロセス技研を開業: プラント建設プロジェクト・マネジメント、石化プロセス基本設計パッケージ作成支援、石油/石化/LNGプロセス技術調査などコンサルタント業務を実施中。 2013年〜2014年:JICA・ODA案件 コロンビア共和国、コロンビア国立大学メジアン校鉱山学部へ専門家研究指導した。指導テーマは、パーム油・植物油の水素化処理反応器工業化設計 2017年 東京地方裁判所所属、専門委員・調停委員拝命。(プラント関連訴訟) ケーズプロセス技研 代表継続中責任者として、石油化学・化学・LNGプラント分野において、プロセス開発・プロセス設計・試運転・技術供与・プロセスセールスなどを実施した。石油化学、化学、LNGプラントなどのプロセス開発、プロセス設計、ライセンサーパッケージ作成。プラント建設プロジェクトのプロジェクト管理。教育指導。ビスフェノールA製造プロセスを開発し、日本、台湾、中国において、6基の商用プラントの技術供与、建設を行い、うち2基の商用プラントの能力増強を行った。総生産能力は年間42.5万トンである。2002年頃の年間世界生産量は約220万トンであった。

専門職

15000


自己紹介

40年間、プロセスエンジニアとしてプラント建設業界の仕事に従事する。



化学工学修士終了後、25年間、千代田化工建設にてプロセスエンジニアとして、プロセスシミュレータなどプロセス系設計プログラムの開発やビスフェノールA製造プロセスなどのプロセス開発・設計・技術セールスに従事する。
次の5年間、月島機械・産業事業部門において、営業支援、基本・詳細設計、プロジェクト遂行、品質保証など業務管理に従事する。
更に5年間は、千代田アドバンスト・ソリューションズにて、主に中東UAEのLNG生産顧客へプロセスソリューションビジネスや若手エンジニア指導に従事する。
2012年8月、個人事業主としてケーズプロセス技研を開業する。
主要業務 
・大手商社向け プロジェクト・マネジメント・コンサルタント・サービス。
・JICA-ODA (2013-14年) プロジェクト:植物性油の水添処理によるバイオディーゼル製造反応器の設計、コロンビア国立大学鉱山学部化学工学科にプロセス開発専門家として研究指導。
・エンジニアリング会社向け Basic Design Package作成指導。
2017年1月、東京地方裁判所所属 専門委員を拝命する。



専門分野: 化学、石油化学、LNGプロセスにおけるプロセス基本設計、プロセス開発、反応器工業化設計、プロセス シミュレーション、プロジェクトマネジメント


職歴 / 学歴

  • ケーズプロセス技研 /代表

  • 2007/9

    千代田アドバンスト・ソリューションズ株式会社 /上席シニアコンサルタント

    2007/9 2012/2

  • 2002/2

    月島機械株式会社 /取締役

    2002/2 2007/8

  • 1976/4

    千代田化工建設株式会社 /プロセス開発部部長

    1976/4 2002/1

  • 1974/4

    室蘭工業大学大学院

    1974/4 1976/3

  • 2003/4

    早稲田大学大学院

    2003/4 2004/9

  • 2009/4

    北九州市立大学大学院

    2009/4 2011/3