氏名:非公開

TOKYO SOURCE / Contributing Editor

Meguro-ku, Tokyo, Japan

自己紹介

博報堂クリエイティブディレクター/編集者/TOKYO SOURCE編集長/湯人



1971年東京生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。東京写真専門学校(II部)中退。
1994年に博報堂に入社。CMプランナー
としてTVCMを量産後、1998年より休職してNY大学芸術学部/ICP(国際写真センター)修士課程に留学。都市と建築、表現をテーマにした季刊誌『A』の創刊・編集他、写真やインスタレーションを制作し、NY、パリなどでグループ展に参加。9.11直前に帰国して復職後は、様々な企業の商品開発、ブランドの広告制作を行いつつ、個人としてもアートやアーバンパーマカルチャーを中心にメディアや形にとらわれず草の根の文化を育てる活動している。



近年の主なクライアント
ヤフージャパン、新潟市「水と土の芸術祭」、三井不動産、全労済、スーパーセル、コカコーラ、カネボウ、花王等



主なプロジェクト
「東京発、未来を面白くする100人」を掲げたWebマガジン「TOKYO SOURCE」編集長、個展「Free Camel」
、湯を通じた対話をテーマにした文化活動「湯道」、アートを通じたプレミアム体験の旅企画「cutlra」、「TOKYO ART MONTH」など。



2015年6月に経堂にアーティストの名和晃平とLow Energy Houseのデザインによる自宅兼シェアスペース「KYODO HOUSE」をオープン。
「Art of Living」をテーマに地域に開いた生活実験の場として様々な催しを実験中。



共著・編著
『都会からはじまる新しい生き方のデザイン-URBAN PERMACULTURE GUIDE』『水と土の芸術祭2015』『混浴温泉世界-場所とアートの魔術性』『これからを面白くしそうな31人に会いに行った』『Activist-動くことでわかること』
季刊誌『広告』編集(2009-2012)
季刊誌『A』編集



元バックパッカーの旅好きで訪れた国は40カ国以上。ラクダ似の双子座。未だスモーカー。


職歴 / 学歴

  • 2005/1

    TOKYO SOURCE /Contributing Editor

    2005/1 継続中

  • 1994/12

    博報堂 /Creative Director

    1994/12 継続中

  • 慶應義塾志木高等学校

  • NYU