氏名:非公開

Osaka University / Associate professor

Osaka, Japan

こんなことお話できます

経済・金融・ビジネスの問題における経済学的な分析・予測・解決法などについてお話できます

・学者としての専門分野はゲーム理論やミクロ経済理論です。それらに関するトピックであれば、かなり専門性の高い質問にもお答えできると思います。 ・理論を現実の市場・制度・インセンティブ設計に活用する新たな分野「マーケットデザイン」については、理論と実践の両面からそのフロンティアを分かりやすくご説明することができます。 ・格差と成長、デジタル革命、働き方改革など、昨今注目が集まるマクロ経済全般に関わるキーワードについてもある程度専門的な見地からご説明させて頂きます。 ・サントリー文化財団「2020年代の日本と世界研究会」 2017- ・環境省:地球環境局「カーボンプライシングのあり方に関する検討会」 2017- ・東京大学公共政策大学院「金融資本市場のあり方に関する産官学フォーラム」 2017- ・信託協会 2017- 「FinTechとこれからの信託ビジネスのあり方」研究会 2017- ・情報総合通信研究所「各産業分野における競争戦略の在り方に関する研究会」 2017- ・NTT東日本「ブロードバンド時代における地域通信事業のあり方に関する研究会」 2016- ・金融リテラシー研究会(座長) 2016- ・科学技術振興機構「サービス学将来検討会」 2014- ・財務省:関税局「関税政策等研究会」 2012-  ・財務省:財務総合政策研究所「財政・マクロ経済研究会」 2012-  ・東京金融取引所「金融市場調査会」 2012- ・経済産業省:産業技術環境局「長期地球温暖化対策プラットフォーム」 2016 - 2017 ・金融庁:金融審議会専門委員 2014-2016 「金融グループを巡る制度のあり方に関するワーキング・グループ」 「決済業務等の高度化に関するワーキング・グループ」 ・情報総合通信研究所「グローバル競争時代におけるICT政策・ビジネス戦略に関する研究会」 2014-2015 ・内閣府:行政改革推進本部「国・行政のあり方に関する懇談会」 2013-2014  ・三菱総合研究所「新たな電波の割当方式の在り方に関する検討会」 2013-2014  ・情報総合通信研究所「将来市場の不確実性と通信政策の在り方に関する研究会」 2012-2014 ・経済産業省:資源エネルギー庁「原油価格研究会」 2012-2013 ・野村総合研究所「電波の経済的価値に関する調査検討会」 2012-2013   ・情報総合通信研究所「市場の不確実性と規制制度の設計に関する研究会」 2010-2012 ・経済産業省:資源エネルギー庁「原油価格研究会」 2008-2009 ・NTTドコモ:モバイル社会研究所「モバイルバリュー調査研究会」 2007-20102007年以降、政府や研究所などの委員を歴任。委員として専門的な見地からコメントを提供。

専門職

問い合わせ


自己紹介

1980年東京都生まれ。2002年東京大学経済学部卒業。最優秀卒業論文に与えられる大内兵衛賞を受賞し、経済学部卒業生総代となる。2007年プリンストン大学よりPh.D.取得(経済学)。政策研究大学院大学助教授を経て、2014年4月から大阪大学大学院経済学研究科准教授。



専門は戦略的な状況を分析するゲーム理論。主な研究テーマは、現実の市場や制度を設計するマーケットデザイン。学術研究の傍らマスメディアを通した一般向けの情報発信や、政府での委員活動にも積極的に取り組んでいる。フジテレビ「とくダネ!」にコメンテーター(主に火曜日)として出演中。財務省「理論研修」講師、金融庁「金融審議会」専門委員などを務める。



編著に『改訂版 経済学で出る数学 高校数学からきちんと攻める』(日本評論社、2013年)、『学校選択制のデザイン ゲーム理論アプローチ』(NTT出版、2010年)。共著に『身近な疑問が解ける経済学』(日本経済新聞社、2014年)、『日本の難題をかたづけよう 経済、政治、教育、社会保障、エネルギー』(光文社、2012年)など。


職歴 / 学歴

  • 2014/4

    Osaka University /Associate professor

    2014/4 継続中

  • 2007/8

    National Graduate Institute for Policy Studies (GRIPS) /Assistant Professor

    2007/8 2014/3

  • 筑波大学附属駒場高等学校

  • 1998/4

    東京大学

    1998/4 2002/3

  • 2002/9

    Princeton University /PhD

    2002/9 2007/8