氏名:非公開

Bgct・japan K.K. - 福島大震災被災地域復興支援事業Prj / 技術顧問

Minato-ku, Tokyo, Japan

自己紹介

①Hello. In coming The Year 2017. Carbon Foot Print ,ISO and SupperRPPWF®™/
SupperGREENCOAL ®™ 
will contribute to reduce CO2 emission 100%
© BGCT™ 2017
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
②私にとっての宝物。それはゴミです、と言ったら、変わり者と思われるでしょうか。
ですが、少し考えてみてください。私たちはいままで、一体どれだけの資源を使い捨 ててきた のでしょう。木、金属、石油、これらの貴重な資源を、大量に消費し、そして廃棄してきたのが20世紀でした。
さて、21世紀。私は胸を張ってこう言います。
「ゴミはもはや、ゴミではない。」
地球上のあらゆる活動からは、さまざまな使用済み物品(廃物)が排出されます。
紙、缶、木、植物、バイオプラスチック…。今や,このすべてが、
再生可能な「循環資源」です。
今、「持続可能な再生」は時代のキーワードとなっています。
そして私たちは、再生の「命」ともなる事業を手がける地球企業家チームです。
私たちは持続可能な事業を通して、お客様、地域のみなさま、そして地球上のあらゆる環境に対して、最大級の貢献をしていくことを使命と心得ています。
また、当社が扱う_RPPWF®™_第4類固体燃料_技術をはじめとする、優れた日本の技術を日本はもちろん、持続可能な技術を必要としている途上国を中心とする海外へ提供し、低炭素技術の普及を図ります。こうした取り組みの中で、地域のみなさんに親しまれ、利用してもらえる施設になってくれれば、これにまさる喜びはありません。
そして、RPPWF®™の技術普及の輪が日本全国、世界へと広まり、持続可能な再生技術の開発がもっと活性化されるなら、それこそが私の思い描く理想であり、素晴らしい世界なのです。
RPPWF™©2017Creative™BGCT™ 
-----------------------------------
商標ロゴの名詞の不正使用や定款記載の不正使用、またそれらを使用し商標権不正の営業を多方面にわたり国民に対し、偽装しているとのの報告が入っています。当社は一切の関係も、コントラクトも交わしていません。過去、文書の許諾は当社は一切してません。もし、そのような、事件に遭遇したお客様は、遅滞なく速やかに、当社に報告を、ください。しかるべき処置をただちに、実行します。 ©BGCT™2017


職歴 / 学歴

  • 2016/1

    Bgct・japan K.K. - 福島大震災被災地域復興支援事業Prj /技術顧問

    2016/1 継続中

  • 2010/4

    Creative K.K.,R&D Tokyo Office /CEO & Founder

    2010/4 継続中

  • 2010/4

    BGCT K.K. HQ Tokyo Japan /Chief Executive Officer

    2010/4 継続中

  • 2010/3

    BGCT K.K. HQ Tokyo Japan /最高統括責任者

    2010/3 継続中

  • 1985/3

    Creative K.K.R&D Hiroshima Institute /Chief Executive Officer

    1985/3 継続中

  • 1979/12

    Kiyama Trading K.K. /Chief Executive Officer

    1979/12 継続中

  • 1975/12

    Cretive K.K. HQ Hiroshima /Chief Executive Officer

    1975/12 継続中

  • 崇徳高校

  • Kyoto Universisity

  • 広島会計学院

  • Fukuoka University