氏名:非公開

Fr総合事務所株式会社 / 代表取締役社長

東京都渋谷区

こんなことお話できます

相続税対策の立案と権利調整等の事例における不動産有効利用のポイントについてお話できます

平成2年から平成6年までの間、金融会社に在籍。個人及び法人の不動産取引の実務を融資担当者として経験。その後、資産税のコンサルタント会社にて税理士と共に相続生前対策と、発生後の企画立案。納税原資を確保する権利調整の実務に従事。税務署や財務局等と対峙。底地を原資として納税コンサルティングを行う。主に、底地と借地の権利調整の実務に従事。 平成9年から平成18年まで、会計事務所の不動産部にてあらゆる不動産に関わる問題解決を行う。 平成18年不動産総合コンサルタント会社を設立し、金融機関及び弁護士事務所等からの紹介で権利調整と総合的な不動産コンサルテイングの案件をこなす。 不動産に関わる様々な実務経験を活かし、現在は不動産セミナーのスピーカーとして個人の方々へ事例を紹介している。金融機関の後、首都圏の税理士事務所約300事務所との提携で、相続税の納税原資を確保するコンサルタント会社にて、相続における底地権と借地権の権利調整を行いました。 その経験を活かし、会計事務所在籍中から現在に至るまで、更に経験を重ねております。 会計事務所勤務において不動産部部長。Fr総合事務所株式会社代表者となり現在では最終決定権者として運営しています。平成24年某大手ハウスメーカーより依頼。個人が所有する世田谷区用賀の一棟アパートの建替えを希望する家主と賃借人の権利調整を30日間で調整。大規模開発がスタート。 平成27年某信用金庫の貸付先である一般企業法人(卸業:同族会社)の再生案件。 約6か月で処理。高齢だった法人代表の安定した生活を実現。金融機関及び弁護士、サービサー等のターンラウウンドストラクチャ構築で残債の処理までの案件。 不動産の実務は、多岐に渡ります。最終的には人間力で解決の方向が左右されます。 個々の案件の特殊性を理解し、チームで共有することが課題であり、その解決方法として情熱と感情をそのまま表現することだと考えます。

税務

15000


自己紹介

品川区にて不動産総合コンサルティングを主業務とする法人を経営しております。
大学卒業後銀行系不動産担保金融に就職し、融資業務と回収業務を経験しました。その後、相続財産コンサルティング会社を経て、東京都千代田区の会計事務所資産税不動産部であらゆる不動産の実務を行うセクションで約10年間部長職を務めました。
在籍中は、金融機関の債権処理案件や、個人財産のポートフォリオ構築、医療法人のリストラなどの実務を行いました。平成17年に独立し、現在に至り一貫して金銭貸借、不動産貸借売買、管理、相隣関係、底地借地権などの相談業務を受託しております。また、ハウスメーカーの依頼により、セミナーのスピーカーとして講話を行っています。


職歴 / 学歴

  • Fr総合事務所株式会社 /代表取締役社長

  • 2006/10

    Fr総合事務所株式会社 /代表取締役

    2006/10 継続中

  • 獨協大学 /修士課程修了