氏名:非公開

Freelance@Boston Consulting Group / プロデューサー兼コンサルタント

東京都,神奈川

自己紹介

2001年 広告代理店に入社 スポーツ局に配属
FIFAワールドカップ2002の"Samurai Blue"応援企画 Public Viewing構想に参画 "12番目の選手”として日本代表をサポート。



2004年にメディアビジネス推進局にて自治体、電鉄、デベロッパー、放送局、映画配給会社、レコード会社とのタイアップ企画”渋谷ジャック”を組織
広告主の依頼に応じて映画PR、ゲリラライブ、OOHメディアを駆使して街ごとストーリテリングな世界観を演出。



その後、プランニング局にて通信事業者、製造業、ネット企業(ネット広告、EC)の顧客との良好な関係を構築するためのマーケティングプランニングから事業会社やパートナー各社と提携したICT統合業務。



営業局にて某自動車、精密製造、運輸業を横断したアカウントプランニングからコンサル領域(リサーチ)、ICT基盤領域(SI開発、デジタル連携)、バイラルメディア(SNS等の情報拡散)領域、OOH領域(地域浸食型PR)の体系化と合理的アプローチを目的とした営業推進業務。
従来のマス媒体の販売やCM制作代行業務とのシナジー、新たなコア事業の創造を意図した業務。



2016年にビジネススクールでの原点回帰を機に休職し、コンサルティングファームのコンサルタントの知恵を借り、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの競技運営、環境整備において「先進的でエコロジー」なスタイルを世界に体感していただく為のアイデア発掘と先進企業リーダーとのコラボレーションを推進中。
 <競技運営>
 ・VR技術による選手視点で競技の一体感と躍動感を再現
 ・センサー機能を利用した公平な競技判定の促進
 ・ゲノムと先端技術でパラリンピックの見応えを最大化
 <環境整備>
 ・IoTテレマティクス端末と基盤開発による行動予測と自動運転
 ・シェアリングエコノミーとリノベーションによる渡航客の滞在機会創出
 ・プロジェクションマッピングとデジタルサイネージを用いた常夏の快適空間の演出


職歴 / 学歴

  • 2016/4

    Freelance@Boston Consulting Group /プロデューサー兼コンサルタント

    2016/4 継続中

  • 2001/4

    株式会社電通(休職中) /人事部付

    2001/4 継続中

  • 1997/4

    慶應義塾大学

    1997/4 2001/3

  • 2016/4

    早稲田大学ビジネススクール(WBS)

    2016/4 2016/12