氏名:非公開

合同会社小林事務所 / 代表社員

京都市

こんなことお話できます

飲食企業様がお困りになっている「あらゆる問題」に適切にお話しできます。飲食企業における業績V字回復、チェーンオペレーション展開、新業態開発、企業にあった各規定・規則作成、FC本部構築についてお話できます

求人募集をかけても、なかなか採用できないという現状の中、求人難を念頭に置いた 業態開発、また、50歳以上の人材登用(男女共)での業績アップ実績。 1987年~2014年11月まで。1987年~2006年 株式会社小林事務所 2006年~2008年 シダックスタブ式会社 2008年~2014年 株式会社テンポスバスターズ、株式会社あさくま 2015年~2016年 Deita managemant office株式会社株式会社小林事務所時代は代表取締役社長として決裁権者でした。 シダックス株式会社時代は執行役員メニュー開発室長としてシダックスグループ事業すべてのメニューを管理、決裁しておりました。 朝熊時代は、取締役営業本部長として営業(店舗運営)全般に関しての決裁権を持っていました。また、経営戦略室室長としてV字回復、事業計画(マーチャンダイジング)、人事考課、人事評価制度、新業態開発等を担当していました。決裁権はありました。 株式会社テンポスバスターズ時代は、取締役商品部本部長として、取扱商品全般の仕入れ及び商品開発(マーケットは主に中国)を担当していました。決裁権は持っていました。また、幹部社員教育・店長教育という教育に関しても短・中期計画で教育の落とし込みをしていました。決裁権はありました。 Deita managemant office株式会社では代表取締役社長として全決裁権を持っています。事業再生・事業拡大・組織再構築・社員教育等・会社経営に苦慮されている経営者の方。世間的に言われている一番の「課題」は、経営者の人格・会社の風土・それを取り巻く人的環境だと思いますが、これらのことは当然あってしかるべき内容です。 これをクリアしなければ「成果」は出ません。セミナーの講演料、月額コンサルタント(顧問料)をベースにしています。

外食/飲食店

15000


自己紹介

株式会社小林事務所時代に「創作料理」業態を確立し、年間1500アイテムのメニュー開発を手掛けていました。また、「立呑み」業態のフランチャイズ展開を業界で初めて手がけました。
売上・収益アップにつながる事業計画、業態開発、メニュー開発、社員教育、マニュアル作成を得意としています。コンサルタントとして数期数千万円の赤字決算を出していたA社を5年で経常利益6億強までV字回復させた実績を持っています。


職歴 / 学歴

  • 1988/2

    合同会社小林事務所 /代表社員

    1988/2 2015/5

  • 1975/4

    辻学園日本調理師学校

    1975/4 1976/3