30代で子育て&上場企業でサラリーマンとして勤務しながら中小企業診断士の資格を取得する方法についてお話できます

  • 専門職
  • 業務支援
  • 経験内容

    具体的な経験の内容

    30代で子育て&上場企業(総合商社)でサラリーマンとして働きながら中小企業診断士の資格を取得したので、そのノウハウについてお教えします。(時間の作り方、スケジュール、具体的な勉強方法、家族のケア等々)

    実績や成果

    子育ても仕事も忙しい中でしたが、2年半で中小企業診断士の資格を取得することが出来ました。
    また、ボランティアで社内の中小企業診断士の資格取得を目指している方に対して、二次試験の対策講師を行っています。

    地域

    東京本社

    役割

    個人での資格取得

    期間
    2019年 〜 現在
    関連する職歴
    • 総合商社  部長代理

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    総合商社  / 部長代理

    プロフィール詳細を見る


    概要

    総合商社の中で10年間金属製品のトレードと事業投資の経験を積んだのち、全社DXを推進する部署に異動し、2年間営業部門のDX施策の推進やM&A案件のDX面からのデューデリジェンスに関わっていました。
    また、Salesforceを導入するプロジェクトにプロジェクトマネージャとして参加していました。

    2020年からは労働組合に専従し、人事制度の改訂のモニタリングや、業績についての研究を行っています。
    また、イノベーションに必要とされる「知の探索」に資するような、外部とのかかわりを積極的に促すような施策(地方創生関連のフィールドワーク、プロボノ活動、社内外から講師を招いてのオンライン講演)を行っています。

    会社の100周年記念プロジェクトにも従事し、社内風土改革のための施策の立案と実行に携わりました。

    中小企業診断士の資格を保有し、会社公認で副業活動を行っています。

    職歴

    • 総合商社  /部長代理

      2019/4 在職中

    • 総合商社 労働組合 /部長

      2020/8 在職中

    • 総合商社  /プロジェクトメンバー

      2018/4 2020/3

    • 総合商社  /部長付

      2016/6 2019/3

    • 総合商社 

      2009/4 2016/5

    他の経験