経理実務を身近なソフトを使ってDX化し、経理業務の効率化・リモートワーク対応を無理なく進める方法をお話しできます。

アドバイザー

氏名:開示前


■ 具体的な経験の内容
期末監査時の監査資料として前期末対比のP/L、B/S資料作成にRPAを使用し、広範囲で詳細な科目の差異金額分析を短時間で完成させ、会社側工数、監査法人側工数の両方の削減に成功しています。Teamsの会議機能、投稿・ファイル共有機能を使用して前期末往査から全て完全リモート対応を実現しています。
また、月次決算においてのリモートワーク対応として、伝票のPDF承認手順を各部門に周知し、伝票担当者が月3日程度の出社で対応できるように改善しました。
■ 実績や成果
期末監査業務効率化により、監査報酬の10%削減を達成しておりますが、月次においても経理G員含め部署担当の経理業務の為の出社は月3日で運営しています。
■ そのときの課題、その課題をどう乗り越えたか
いずれも全社での前例がなかった為、経理統制に問題ない勘所を押さえたうえで業務フローを経理G員に提案し、実務に影響が無い様調整した上、監査法人や本社経理部に説明し、納得してもらったうえで導入。現在も環境変化に応じて調整を継続しています。
■ 業界構造(トレンド/主要プレイヤー/バリューチェーン等)の知見の有無
日本会計士協会の通達など最新情報を把握した上で、新しい経理統制に必要な関連情報を常に探索しています。
■ お役にたてそうと思うご相談分野
上記の具体的な経験を踏まえ、月次と期末の経理業務のどこに手を付けて周囲に展開していくか、具体的なご相談に応じることが出来ると考えております。

■その他
地域: 東京都
役割: 経理課長として2拠点に分かれている事業部の財務・経理統制。プレイイングマネージャ。
規模: 事業部として200名程度

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

2019年4月からビザスクさんに登録、私の初めてのスポットコンサルの様子が5月初旬NHKおはよう日本で紹介されました。

<強味>

大企業と子会社の間を行き来して双方の視点で経理・財務および原価管理の仕組みづくりや、経理統制の導入・運営ができ、何よりも現場実務を部下と一体で改善、分かり易く効率的な仕組みを作り上げた経験の深さはだれにも負けません。業務種類でいうと伝票審査から、工場原価管理、予実管理、コストダウン提案、資金繰りまで幅広い実務運営の経験・ノウハウに強みがあると思っています。また、最近ではRPAを月次業務に取り入れて経理統制の質を向上させる事にも取り組んでいます。また、若いころに英国での9か月間の語学研修留学でビジネス英語を鍛え、マレーシア生産子会社の財務部長として英文会計を使いこなしてビジネスをしていましたので、海外法人に対して英語でアドバイスをすることも問題ありません。

<主な経歴>

1986年~(人事等)

入社後に人事部で英国の語学研修、海外人事、販売子会社人事を担当した後、工場経理として原価管理を担当。

1998年~(生産子会社財務部長)

マレーシアのカメラ生産子会社に財務部長として着任。2004年には中国の複写機生産会社設立時に財務部長として地方政府への登記、組織立上げ、経理統制の確立を実施、2006年に日本に帰国後、愛知県にあった国内携帯電話部品生産子会社に赴任、2008年のリーマンショック後の急激な市況の悪化と携帯日本メーカーの事業規模の急激な縮小を受け、子会社清算を決定、2010年に会社清算を完遂。

<経歴キーワード>

マレーシア クアラルンプール 中国 無錫 海外子会社 国内子会社 生産子会社 会社立上げ 会社清算 海外駐在 複数国駐在 経理マネジメント J-SOX 内部統制 経理統制 資金繰り管理 予算実績管理 精密工業 光学事業 原価管理 新製品開発提案 会計R/3 RPA 伝票審査 コストダウン 英国語学留学 TOEIC870点 Cambridge First Certificate取得 英語による文書・会話業務遂行得意 中国語業務上での対面会話可能


職歴

職歴:開示前


このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

¥30,000 / 1時間

取引の流れ


似ているトピック