建設業界における地場の工務店経営について話せます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 30,000

経験内容

  • 建設(ゼネコン)
  • 経営者

大手百貨店に入社後、世界的に有名な建築家の下へ出向、その後、開発事業本部企画担当として、開発政策・開発戦略・出店戦略の立案、街づくり・大型複合商業施設のマーケティング・開発計画の立案、店舗開発業務の推進、開発・物件情報の収集、開発関連投資計画の立案を行う。
大手シンクタンクに転職、地域・都市開発のコンサルティングや社会システムの研究を行う。
独立し、建築設計・コンサルティング業務を行う。
家業に入り大工の修行と工務店経営に携わる中、公立中学校教員(常勤講師)を勤める。
我が国の木造伝統構法の木組みの力学的性能評価式を作るために大学院へ進学、学位論文「追掛継の回転剛性と曲げ耐力に関する研究」、農学博士。
『大地に還る家づくり』をテーマに、地元の職人が、地元の素材を使い、地元の土に還る家づくりに取り組んでいる。
伝統構法とは、往時の先端の技術が長い歳月の中で収斂進化した先人の知恵として受け継ぎ、数百年前の民家や京町家の改修の他、戦後から最近の住宅まで幅広く対応している。一方、大学機関や研究機関で開発された科学的知見を積極的に取り入れ、安全で健康に暮らしやすい高性能な耐震・省エネルギー住宅に積極的に取り組み、将来、伝統構法と呼ばれる家づくりをしようと日々研鑽に努めている。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

平成13年~平成30年現在まで、17年間

どちらでご経験されましたか?

創業元治元年 小林工務店(株式会社小林工務店)

その時どのような立場や役割でしたか?

大工見習、親方心得、設計監理、施工管理、営業、経理、総務、経営

得意な分野・領域はなんですか?

建築設計監理、不動産開発、調査研究、損害保険代理店業、大工見習、建設業、不動産仲介業といろいろなことをしてきておりますので、まずはご相談いただき、お役に立てれば幸いに存じます。

この分野は今後どうなると思いますか?

人口数、世帯数が減少するも情報の集約化が進展し、生産性が飛躍的に向上することにより、国民の生活水準が更に向上し、より人間らしい豊かな住生活を提案できる企業が生き残ると考えています。

誇りに思う成果はなんでしたか?

『日々、理解のある施主と優れた専門家の理解と協力を得て、立派な仕事をさせていただき、信用をいただいていることです。』

『最も大切なことは、仕事に対するひたむきな姿勢と 施主への誠心誠意の努力であると信じて、社員が互いに協力し合い、多くの専門家と共に仕事に励んでいることです。』

役割

経営

規模

1~10名

期間
2001年 〜 現在
関連する職歴
  • 創業元治元年 小林工務店(株式会社小林工務店) 代表取締役 五代目

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

創業元治元年 小林工務店(株式会社小林工務店) / 代表取締役 五代目


大学卒業後、民間企業に就職、シンクタンクを経て独立後、家業である工務店を継ぐ五代目 <<詳しくは経験内容をご覧ください>>

プロフィール詳細を見る