ものつくりにおける工法開発・生産工程についてお話できます

  • 生産/調達

経験内容

現職は経営コンサルタントの職についております。実行したPJは在庫削減のため生産計画改善、長時間労働の社員ヒアリングによる原因解析、金融機関役員の人事アセスメント、予約発券システムの費用構造検証、システム障害対応のPMO、ウェブサイト運用業務改善等になります。コンサルタントの視点からもお悩み事にアプローチできますので、興味をお持ちいただけましたご連絡ください。

得意な分野・領域はなんですか?

熱処理、組み付け工程(自動機)

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2009年~2015年

どちらでご経験されましたか?

アイシン精機(㈱)

その時どのような立場や役割でしたか?

予算調達、計画立案~実務までを担当。

どんな人にアドバイスを提供したいですか?

・技術社として、生産拠点の海外展開を求められていて、生産準備を行わなければならない方。
・現状の生産工程に満足されていない/なんとなく課題を感じている方。

誇りに思う成果はなんでしたか?

インドネシアにある別拠点への生産ラインの立ち上げまでをほぼ独力で行ったことです。現地のスタッフへの教育も語学を身に着け、自分自身で行いました。生産ラインが立ち上がったことも重要ですが、現地スタッフへものづくりにおける品質確保の需要性を気づかせることができたのが一番の誇りに思っていることです。

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

前職:アイシン精機(株) 現職:PwC

プロフィール詳細を見る


自己紹介

前職では自動車部品メーカーで工法開発~生産ラインの導入、海外拠点での生産ライン導入まで幅広く実施してきました。カテゴリとしては技術系で担当していた子法は熱処理、組み付け工程となります。

現在は外資系コンサルタント会社でマネジメントコンサルを実施しております。
経験としては生産計画の業務改革、従業員の意識調査、役員の人事評価、物流会社における新ビジネスモデル検討、基幹システムの費用構造解析、予約発券システムの障害対応PMO、IT関連会社の業務標準化等があります。

職歴

  • 前職:アイシン精機(株) 現職:PwC

    2015/3 在職中