デジタル家電業界におけるマーケティングについて話せます

謝礼金額の目安(1時間あたり) 20,000

経験内容

  • 家電(ブルーレイ・DVD)
  • マーケティング

●事業・販売企画
・需要予測
・商品企画
・売上、損益管理
・チャネル政策立案
●マーケティング全般
・広告、宣伝、販売促進全体計画立案
・自身による販売店様向けセミナーを通じたプロモーション活動
・異業種とのタイアップ(ゲーム会社、飲料メーカー)
・顧客VOC収集及び関係部門へのフィードバック
・嘱託、派遣社員(販売店臨店者及び店頭応援従事者)の教育・管理
●広告
・プロモーション映像、TVCFの制作
・交通、屋外(駅、大型ビジョン等)広告、での宣伝
・雑誌、WEB媒体での広告、タイアップ企画
・展示会
●販売促進
・イベントスタッフを活用した量販店店頭体感イベント立案、運営
・プレゼントキャンペーン企画立案・推進
・ご販売店様向け製品ご紹介資料、商談資料製作
・製品カタログ、webページ製作
・店頭助成物(POP)製作



■ 提供できる知識等
・製品開発から販売、アフターサービスまでコンシューマー向けの家電製品に関する幅広い経験と知識
・家電店との取引、慣習
・広告代理店、制作会社との取引、慣習
・店頭イベント、ユーザー向けキャンペーンの取り組み
・派遣スタッフ管理



■ どんな人にアドバイスを提供したいですか?
家電メーカーの動向、外からは分かりにくい家電業界に関する慣習などを知りたい方、これから業界に参入または関連企業と取引を考えている方など。



■ その時どのような立場や役割でしたか?
*株式会社東芝
2004~2008年:担当としてDVDレコーダーの広告・販売促進の実務を経験
2009年~2017年3月:課長として液晶テレビ・ブルーレイレコーダーのマーケティング戦略立案等骨子となる部分の決定に関わっていた。



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
2004年10月 〜 2017年3月



■ どちらでご経験されましたか?
株式会社東芝 課長



■ 誇りに思う成果はなんでしたか?
次世代新規格の推進・立ち上げ業務に携わったこと、家電エコポイント制度、アナログ放送からデジタル放送への移行における巨大な需要の体験。



■ 一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?
製品がコモディティ化する中で差別化を図るためにお客様との接点である量販店店頭での販売促進に注力することで他社との差別化を図りました。
具体的には一目で商品の良さがわかる店頭プロモーション映像やPOPの作成、量販店販売員様向けの販売セミナーを開催し講師を自ら務め、短い時間でセールスポイントをお客様へ伝えるための話法のレクチャーを行いました。

期間
2004年 〜 2017年頃
関連する職歴
  • 株式会社東芝 課長

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ

氏名:非公開

パナソニック株式会社 / 主務


総合電機メーカーの家電部門で10年超、事業・販売企画及びマーケティング業務に携わっております。需要予測・ラインアップ策定・コスト試算・価格決定・販売チャネルミックスなどの戦略立案といった事業・販売企画業務とTVCF・WEB・雑誌等各種メディアによる広告活動とカタログ・助成物といった販売促進活動を通じたマーケティング全般を経験しております。

このアドバイザーの他の経験

プロフィール詳細を見る