月刊誌「文藝春秋」のサブスクリプションサイトを立ち上げて、運営している

  • 新規事業/R&D
  • メディア
  • 経験内容

    2019年7月に月刊誌「文藝春秋」のサブスクリプションサイトを立ち上げる企画が始動。責任者に就任し、同年11月7日にローンチしました。
    ・「文藝春秋サブスク化企画」のスタートから約4ヶ月でサイトオープンさせました。
    ・紙媒体中心の老舗出版社のデジタル化を推進しています。
    ・初期費用をかけず、最低限の人員でサブスクを始めるには?紙媒体をデジタルに最適化させ、新規の定期購読者をどう獲得するか?などの戦略などをお話できます。
    <参考>
    https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00002/110700839/
    https://www.businessinsider.jp/post-201838
    https://jp.techcrunch.com/2019/11/07/bunshun-digital/
    https://www.huffingtonpost.jp/entry/bungeisyunzyu-digital-note_jp_5dc3ca02e4b005513882d50e
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw6147176
    https://digiday.jp/digiday_plus/digiday_video/

    地域

    東京

    役割

    サイト立ち上げ・運営責任者

    規模

    サイト立ち上げ〜半年以内で数百人の定期購読者獲得まで

    期間
    2019年 〜 現在
    関連する職歴
    • 文藝春秋 文藝春秋digital プロジェクトマネージャー

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    文藝春秋 / 文藝春秋digital プロジェクトマネージャー

    プロフィール詳細を見る


    概要

    「文藝春秋digital」プロジェクトマネージャー。2011年4月に株式会社文藝春秋に入社。「週刊文春」編集部に配属。全聾の作曲家と持て囃された佐村河内守にゴーストライターがいたことを暴いた「全聾の作曲家はペテン師だった!」(神山典士)などの記事を担当した。2015年7月、「文藝春秋」編集部。「許永中の告白『イトマン事件の真実』」、「自殺・近畿財務局職員父親の慟哭手記 息子は改ざんを許せなかった」等の記事を担当。 2019年7月から現職。同年11月にメディアプラットフォームnoteを使った「文藝春秋」のサブスクリプションサービス「文藝春秋digital」を立ち上げた。

    note:@gen_murai Twitter:@MuraiGen1988

    職歴

    • 文藝春秋 /文藝春秋digital プロジェクトマネージャー

      2019/11 在職中

    • 文藝春秋

      2015/7 2019/10

    • 文藝春秋

      2011/4 2015/6