新規株式公開(IPO)における上場準備業務全般及び組織形成についてお話できます

  • 経営/管理部門
  • 経理/財務
  • IPO
  • 経験内容

    新規上場を思考するベンチャー企業は増えてきておりますが、管理部門になかなか投資できないのも事実だと思います。そのような状況において創業から営業努力を重ね、利益が獲得できるようになると次の課題として新たなステージへの転換が必要になります。その際には「上場準備=上場のため」ということではなく、企業が成長し拡大する中で必要となる仕組みやルール、価値の拡大にとても役立つものと思います。
    私がお役に立てるのではないかと思っていることは、上場準備は一つのポイントではありますが、その内容を通じてベンチャー企業がスタートアップから次のステージに拡大・成長するために必要な社内体制、組織形成の強化、社外とのリレーションについてお手伝いできるのではないかと考えております。

    いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

    2009年~2012年と2015年11月~現在

    どちらでご経験されましたか?

    2012年に上場準備責任者(管理部管掌役員CFO)として東証マザーズへの新規上場を果たしています。また現在も当時とは違い会社でIPO準備責任者を行っています。

    その時どのような立場や役割でしたか?

    責任者として上場準備及び組織形成を担当いたしました。

    一番誇りに思う成果はなんでしたか?

    新規上場を果たしました。

    一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

    上場準備チームが私を含め全員未経験であるなか、証券会社、監査法人、印刷会社など関係する企業との連携を強化することで課題を乗り越えました。

    どんな人にアドバイスを提供したいですか?

    スタートアップから次のステージへの成長段階を迎えているベンチャー企業の経営者様及び管理部門担当者様