管理部門/営業業務におけるコスト削減方法、業務改善活動、リーンシックスシグマについてお話できます

アドバイザー

氏名:開示前


会社規模としては、5000名から中小企業まで経験有。業界としてはサービス業、IT業界、製造業、小売業の経験有。

■その他
いつごろ、何年くらいご経験されましたか?: 2003年から2014年
どちらでご経験されましたか?: 株式会社アクセンチュア コンサルティング部門、管理部門、中小企業経営
その時どのような立場や役割でしたか?: コンサルタント、管理部門効率化リーダー
一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?: 会社が1000名規模から5000名に拡大し、関係者が5名から50名ほどに拡大し、日本人以外にも、外国籍のメンバー、中国のBPOのメンバーなど、ステークホルダーが複雑化する中で全体をとりまとめる必要があったこと。
どんな人にアドバイスを提供したいですか?: 仕事が多く残業など付加が高い状況だが、単純作業などに忙殺されてしまってい方にお話しをきいていただき、より日本の産業の付加価値が高まれば嬉しいです。
この分野は今後どうなると思いますか?: 大きな改革ではなく、改善活動の中で日々改善していく、という日本ならではの強みを社会全体に広げていきたいと思っています。製造業では改善活動が定着していますが、サービス、営業部門ではまだまだ日本の改善する余地は大きいと感じています。
謝礼金額の根拠はなんですか?: まずはこの活動で社会貢献するために、より多くの方に知って頂ける設定にしています。

プロフィール 詳細を見る


氏名:開示前

世界最大のコンサルティング会社にて、10年以上、役員層、マネジメントに対しての経営管理、人事管理サポートの経験や、業務改善プロジェクトのリーダーとしての経験を積みました。

現在はトヨタ、ホンダ、コマツ、ヤンマーなど向けの部品を製造する中小企業経営に関わり、経営全般、営業/管理部門の効率化を目指し、代表取締役社長を務める。

経営、人事(採用から入社、研修、評価、配属、退職、人事手続までの全体を経験)、コーチング、新規事業開拓、営業改革、システム導入を伴うBPR、SSC運営、リーンシックスシグマを用いた改善活動などを強みとし、戦略策定の段階から、結果にコミットする方向性の策定を実現します。


職歴

株式会社 前田鉄工所

  • 代表取締役社長 2014/10 - 現在

アクセンチュア

  • スペシャリスト 2003/4 - 2014/9

このアドバイザーのトピック

謝礼金額の目安

問い合わせ

取引の流れ


似ているトピック