現行踏襲しない社内ITインフラ更改を推進するための手段について、関係者とのコンセンサスの取り方を踏まえてお話できます。

  • IT/システム
  • 金融
  • 経験内容

    【経験概要】
    保守期限を迎える社内インフラ基盤の更改において、運用費用のコストダウンを図りつつ現行踏襲にとどまらない新しい試みを複数導入し、従業員の生産性向上を図りました。
    【成果】
    ・ユーザエクスペリエンスの向上
    ・運用コストの削減
    ・大規模な基盤更改の削減によるキャッシュフローの安定化
    以下の問題に対し、施策に記載のある内容を主導した経験があります。
    【問題①】
    ・システム部門人材の企画フェーズにおけるスキル、ノウハウ不足
    【施策①】
    ・構想立案、プロジェクト企画、IT調達(RFP作成、ベンダ選定)のプロセス整備、要領作成
    ・取引先ベンダーへの委託範囲の見直し
    【問題②】
    ・恒常的な運用費用の増加
    【施策②】
    ・複数ベンダーを対象としたRFPの配布
    ・オンプレミス基盤からクラウド基盤への移行
    ・保守ベンダーの保守体制見直し
    【問題③】
    ・業務プロセス改善不足による生産性低下
    【施策③】
    ・オンプレミス用のアプリケーションからSaaSへの移行
    ・生体認証基盤の導入、推進
    ・独立したネットワークで構築された社内システムの統一
    上記問題を解決するにあたり、以下の事項についてもお話できると考えております。
    ・社内の問題解決を主としたRFP策定プロセス
    ・候補先ベンダーの選定プロセス
    ・ベンダー選定プロセスで気を付けたポイント
    ・クラウドサービスに切り替えようとした際の企画の進め方
    ・全従業員を対象にした社内システム利用に限った生体情報取得のプロセス
    ・社内システム統合において、複数部署とスムーズに合意形成するために気を付けたポイント

    地域

    東京

    役割

    構想立案、プロジェクト企画、IT調達、ベンダーコントロールを担当

    期間
    2017年 〜 2019年頃
    関連する職歴
    • 一般社団法人しんきん保証基金 調査役

    概要

    金融系SIerで約8年間、信用金庫業界の信販会社で約2年半働き、現在はITベンチャーでコーポレートITを担当しています。これまでは主に金融業界向けにシステムの導入、運用、保守を中心にPMやSREの経験を積んできました。また、社員200名規模の組織の情報システム担当として社内システムの再構築、運用、保守に携わってきました。エンジニア側と事業責任者側の両方の目線でシステム開発に関われていること、業務フロー改善に向けた企画やシステム導入を推進した経験があることが自身の強みだと考えています。今後は組織全体に対し、サービスやICTを活用した社内環境を整備し、生産性向上に貢献したいと考えています。

    職歴

    • 株式会社ビザスク

      2020/1 在職中

    • 一般社団法人しんきん保証基金 /調査役

      2017/5 2019/12

    • 三菱総研DCS株式会社

      2009/4 2017/4