シェアハウス運営のメリット・デメリット、勝ちパターンと負けパターンを一時間でご説明します

  • 建設/不動産
  • 新規事業/R&D
  • 経験内容

    外国人向けシェアハウスを運営する株式会社サクラハウスにおいて、都内の管理個数が入社時400戸だったのを5年で2000戸(売り上げも5倍に)、有限会社サクラホテルでも1棟のホテルを4棟にし、やはり売上を4倍に伸ばしました。
    タイトル(肩書)は広報宣伝課長でしたが、200人いた社員の中で実質No.3で、経営者に近い立場で物件仕入れから開発、運営まで行っていました。
    上記会社での9年間の経験で、うまくいく物件・そうでない物件がわかるようになりました。
    2012年に退社し、現在はビザスクを中心に、新規シェアハウス参入や運営改善、インバウンドビジネスのご相談にのっています。

    地域

    東京本社

    役割

    広報宣伝課長(200名の会社で3番目)

    規模

    東京全域で40物件/400部屋→200物件/2000部屋まで拡大しました

    期間
    2003年 〜 現在
    関連する職歴
    • 株式会社サクラハウス インバウンド向け賃貸、シェアハウス、ホテル、ゲストハウス運営企業 広報宣伝課長

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    BtoB精密機械メーカー(東証一部上場) / 係長

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    「インバウンド」という言葉が認知される前から9年間、訪日外国人向けのマンション、ゲストハウス、ホテル等の集客のためのWEBマーケティングの責任者を務めていました。お客様が喜び、メディアの露出にも繋がるようなイベントの企画、またホテルや飲食店などインバウンド向けプローモーションについても関わっていましたのでお話することができます。インバンド事業のニーズや傾向、リスクについてご説明することができます。

    また、WEB上級解析士の資格を持ち、WEBのマーケティング全般、SEO、PR/広報活動(メディア対応)、展示会の企画、宣伝素材の制作などについてもお話しできます。

    現在は東証一部上場のBtoB精密機器メーカーに勤務しており、上記業務経験に加え、社員間のコミュニケーション向上、5000人を超えるグローバル社員を結ぶ社内ポータルサイトの構築と運営および、採用、研修活動など人事にも携わっています。

    職歴

    • BtoB精密機械メーカー(東証一部上場) /係長

      2012/11 在職中

    • 株式会社サクラハウス インバウンド向け賃貸、シェアハウス、ホテル、ゲストハウス運営企業 /広報宣伝課長

      2003/7 2012/10

    • 朝日新聞社 /事業開発本部

      1994/4 1999/8

    他の経験