宿泊業における行政への許認可についてお話できます。

  • 教育
  • 専門職
  • 経験内容

    宿泊業における行政への届出について、特にコンパニオンを手配して宴会場で接客をしている場合には風営法許可申請が必要となります。宴会場の図面や席の配置、電気配置図などの図面を作成しなければなりません。法令順守は当然の事であり、施設・会社・従業員を守るためにも新設、変更、廃止の申請は漏れなく行ってください。
    集客に専念できるよう、業務が円滑に進められるように申請書関連のご相談に応じます。

    地域

    会津若松市

    役割

    行政への届出業務

    規模

    1名

    期間
    2008年 〜 現在

    自己紹介

    会津若松市で行政書士をしています。行政書士は代書屋とも呼ばれていますが、許認可申請をはじめとする業務については事前に打ち合わせを行う必要があります。どのようなビジョンをお持ちか、そのためにはどのような申請が必要で、そのような審査があるのか、その審査基準は、など。企業や個人の方が目指す目標に到達できるように全力で協力させていただきたいと思っております。
    当事務所は日本行政書士会連合会名簿、福島県行政書士会名簿に登録しておりますのでご確認下さい。
    相談内容は行政書士業務のみにとらわれず、多方面でご相談下さい。きっと力になれます。

    職歴

    開示前(決済前には開示されます)

    他の経験