GoogleAppEngineでのサービス開発

  • Google Apps

経験内容

GoogleAppEngineで自社サービスを二つ開発しました。Googleがリリースした当初は無料で使えるが障害も多い、「エンジニアおもちゃ」とされていた環境でしたが、今は比較的安定し、強力なオートスケール機能をもったプラットフォームだと思っています。ネックになりがちだったデータベース周りも、CloudSQLやBigQueryによって補われ、ComputeEngineとの統合もあり、他と比べて遜色無いサービスになってきました。ただロックインの問題や、まだ使い勝手に癖がある部分はあり、その辺りのノウハウはお話できるかもしれません。

いつごろ、何年くらいご経験されましたか?

2009年頃から現在まで。仕事では途中数年の間が空きましたが、その間もプライベートでは使用していました。

どちらでご経験されましたか?

株式会社日本技芸の法人向けグループウェア、rakumoというサービスで使用していました。現在のビザスクでも使用しています。

その時どのような立場や役割でしたか?

開発のリードエンジニアとして、開発方針決めから実際の開発業務までを担当していました。

一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?

platformに備え付けであったDatastoreが、Googleの設計変更により、Master/Slave構成から、HighReplicationDatastoreという構成に変わった影響で、DBを移行する作業が発生してしまいました。移行しないという選択もありましたが、新しい機能の恩恵が今後受けられなくなる(Googleのplatformではよくある)ため、移行を決断しました。Googleの方とも相談し、懸念点の調査、対応、手順を策定し、結果的には計画通りに実行できました。

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

株式会社ビザスク / CTO

プロフィール詳細を見る


自己紹介

横浜国立大学博士課程中退。学生時代の研究プロジェクトが未踏ユース事業に採択を受ける。卒業後は、株式会社日本技芸の自社サービスであるグループウェア「rakumo」の立ち上げメンバーとして開発を主担当。次に、GREEにてゲームプラットフォームのユーザー獲得チームに参画。 株式会社ビザスクでは技術責任者としてサービス開発全般を担当。

職歴

  • 株式会社ビザスク /CTO

    2013/12 在職中

  • グリー株式会社 /Engineer

    2012/9 2013/11

  • 株式会社日本技芸 /Lead Engineer

    2007/4 2012/12