プロセス制御技術、生産安定化効率化

  • 総合化学
  • エンジニア

経験内容

サマリー:

 大学では金融を中心とした経営工学を学び、1社目の横河ソリューションサービス社ではプロジェクトマネジメントを経験し、2社目の三菱ケミカルでは制御工学に従事した。現在は創薬系ベンチャー企業の役員を務める。多くの経験を背景とした広い視野が強みだと自負している。
具体的には、横河システムエンジニアリング株式会社に入社以来、DCSの新規構築/改造に3年従事した。その後三菱化学株式会社に入社し、制御エンジニアリングを6年経験し、機能化学品の制御部門責任者として4年従事した。三菱ケミカル
時代には、食品添加物製造プロセスの効率化により社内の生産技術者の中から5名のみ選ばれる「優秀賞」を受賞、同検討にてグループ会社の社長賞を受賞。

得意領域についてのPR:

(1) プロセス産業における制御技術の適用 (DCS、多変数制御、非定常運転自動化、プロセスコンピュータ、データ解析)
(2) 石油化学プラントにおける多変数制御導入によるコスト改善、生産量増大
(3) 機能化学品プラントにおける非定常運転のシステム化
(4) 工場内システムの仮想化によるシステム更新コスト削減
(5) プロセスデータ解析による改善箇所の発掘

地域

日本の石油コンビナート各地

役割

プロジェクトリーダー

規模

機能化学品から汎用化学品まで

期間
2008年 〜 2018年頃
関連する職歴
  • 三菱ケミカル株式会社 管理職

氏名・職歴の開示について

氏名:(開示前)

三菱ケミカル株式会社 / 管理職

プロフィール詳細を見る


自己紹介

【 略歴 】
2005年4月 横河システムエンジニアリング株式会社(現横河ソリューションサービス株式会社)入社 制御統括部門配属
2008年3月 同社退職

2008年4月 三菱化学株式会社(現三菱ケミカル株式会社)入社 技術部プロセス制御開発室配属担当マネジャー
(出向兼務)三菱化学エンジニアリング株式会社(現三菱ケミカルエンジニアリング株式会社) 課長代理
2018年6月 退職

2018年4月 株式会社RESVO入社 取締役CFO就任
現在に至る

【 サマリー 】
 大学では金融を中心とした経営工学を学び、1社目の横河ソリューションサービス社ではプロジェクトマネジメントを経験し、2社目の三菱ケミカルでは制御工学に従事した。現在は創薬系ベンチャー企業の役員を務める。多くの経験を背景とした広い視野が強みだと自負している。
具体的には、横河システムエンジニアリング株式会社に入社以来、DCSの新規構築/改造に3年従事した。その後三菱化学株式会社に入社し、制御エンジニアリングを6年経験し、機能化学品の制御部門責任者として4年従事した。三菱ケミカル
時代には、食品添加物製造プロセスの効率化により社内の生産技術者の中から5名のみ選ばれる「優秀賞」を受賞、同検討にてグループ会社の社長賞を受賞。

【 得意領域についてのPR 】
(1) プロセス産業における制御技術の適用 (DCS、多変数制御、非定常運転自動化、プロセスコンピュータ、データ解析)
(2) 石油化学プラントにおける多変数制御導入によるコスト改善、生産量増大
(3) 機能化学品プラントにおける非定常運転のシステム化
(4) 工場内システムの仮想化によるシステム更新コスト削減
(5) プロセスデータ解析による改善箇所の発掘

職歴

  • 三菱ケミカル株式会社 /管理職

    2008/4 2018/6