GoogleAppEngineでのサービス開発

謝礼金額の目安(1時間あたり) 10,000

経験内容

  • Google Apps

GoogleAppEngineで自社サービスを二つ開発しました。Googleがリリースした当初は無料で使えるが障害も多い、「エンジニアおもちゃ」とされていた環境でしたが、今は比較的安定し、強力なオートスケール機能をもったプラットフォームだと思っています。ネックになりがちだったデータベース周りも、CloudSQLやBigQueryによって補われ、ComputeEngineとの統合もあり、他と比べて遜色無いサービスになってきました。ただロックインの問題や、まだ使い勝手に癖がある部分はあり、その辺りのノウハウはお話できるかもしれません。



■ いつごろ、何年くらいご経験されましたか?
2009年頃から現在まで。仕事では途中数年の間が空きましたが、その間もプライベートでは使用していました。



■ どちらでご経験されましたか?
株式会社日本技芸の法人向けグループウェア、rakumoというサービスで使用していました。現在のビザスクでも使用しています。



■ その時どのような立場や役割でしたか?
開発のリードエンジニアとして、開発方針決めから実際の開発業務までを担当していました。



■ 一番の課題はなんでしたか?また、その課題をどう乗り越えましたか?
platformに備え付けであったDatastoreが、Googleの設計変更により、Master/Slave構成から、HighReplicationDatastoreという構成に変わった影響で、DBを移行する作業が発生してしまいました。移行しないという選択もありましたが、新しい機能の恩恵が今後受けられなくなる(Googleのplatformではよくある)ため、移行を決断しました。Googleの方とも相談し、懸念点の調査、対応、手順を策定し、結果的には計画通りに実行できました。

この経験にスポットコンサル依頼をしませんか?

相談開始後、スポットコンサル実施確定まで費用はかかりません

登録して事前相談

スポットコンサル依頼時によくあるご質問

  • Q

    アドバイザーの回答の質や依頼に適した方かはどうやって判断すればいいですか?

  • A

    アドバイザーとのメッセージは無料です。気になる点は、謝礼を決済する前に直接アドバイザーにご確認ください。

  • Q

    支払いはいつ発生しますか?

  • A

    スポットコンサルを依頼することが決まった時点で、決済が必要になります。謝礼の決済をもって、スポットコンサルは正式に確認予約されます。

その他スポットコンサル時のFAQ