アミューズメント機器/カジノ向け機械における企画開発及び開発会社運営の経験についてお話出来ます。

  • 製造業
  • 経営/管理部門
  • 経験内容

    具体的な経験の内容

     1980年代の日本のアミューズメント業界におけるメダルゲーム創成期に、 都内の繁華街を中心にゲームセンター直営店の運営を行ない、自社店舗用のメダルゲーム機を開発製造も行なう㈱シグマにて、入社から退社までメダルゲーム機及びカジノ向けゲーム機(特に一人用機械)の企画開発部に所属し、一人用メダルゲーム及びカジノ向けゲーム機開発の担当者/責任者として従事、最終肩書は多人数用メダルゲーム機械を含む企画開発部長。 
    (1980年代の海外出張回数、アメリカ8回、マレーシア5回)
     (1990年代の海外出張回数、アメリカ20回、マレーシア8回、シンガポール3回、オーストラリア4回、南アフリカ4回、ヨーロッパ3回、カナダ/フィリピン各1回)
     2000年、旧㈱シグマがパチンコ・パチスロメーカーに買収されたことをキッカケに退社、その当時まだ本格的な一人用メダルゲーム機の開発を行なっていなかったサミー㈱に入社、アミューズメント機開発部門のスペシャリストとして、本格的な一人用メダルゲーム機開発を最初から企画しプロジェクトリーダーとして、各専門分野(ゲーム企画、プログラマー、ハード設計者、デザイナー)の8名を率いて開発管理、部品調達、下請け会社管理を含め製品化に必要なすべての業務に従事。
     2003年、サミー㈱での経験を元に、旧㈱シグマ及びサミー㈱時代の仲間4名を誘い、また旧㈱シグマ時代の顧客であったマレーシアのカジノ機器販売及びカジノ運営会社からの資本金出資50%及び借入金により、㈱クロンを設立。(2013年に出資は返還し、借入金も全額返済)
    その際、資金調達、会社設立事務、事業所物件探し、海外・国内製造下請け/部品調達会社探し、販売代理店探し等、広範囲の業務を経験、その後約1年半本格的な一人用メダルゲーム機及びカジノ用機開発とマネイジメントに従事し、2005年に製品化、国内・海外販売を開始、現在に至る。現在は市場変化に伴い、会社規模・業務内容を縮小し、一人用メダルゲームソフト開発及び自社製品(一人用メダルゲーム機)12台のみを設置した小規模なアミューズメントカジノスタイルのゲームセンター1店舗の運営に従事。
     (2000年代以降の海外出張回数 アメリカ3回、マレーシア11回、カンボジア1回)

    実績や成果

    1.1980年前半に開発された㈱シグマ製競馬ゲーム(ダービーMK2、MK4)のオッズ作成・計算を担当、同時に一人用メダルゲームのゲーム企画・確率計算を担当、旧㈱シグマとしてネバダ州へのカジノ機販売のための
    機械のライセンス取得に要するゲーム確率計算・ドキュメント作成に担当し、機械のライセンス取得に貢献。
    また、旧㈱シグマで最初に開発された9リールゲーム、”スーパー8ウェイズ”のゲーム計算及びゲーム仕様作成を担当、その後のゲームバリエーションも担当しシグマ自社店舗に全店設置に店舗売り上げに貢献、国内販売でも貢献した。
    2.1985年頃、旧㈱シグマにおける一人用メダルゲーム機及びカジノ用機のゲームの種類は、ゲームプログラム作成が外注(ゲーム企画・計算は私が担当)であるため10種程度であったが、その後旧㈱シグマの自社開発機械のゲーム企画/仕様/計算及びグラフィックデザインの担当者とて、新しいゲームを次々と企画・計算を行ない1980年代後半までに約30種のゲーム種類のバリエーションを企画し、同時にそれらのグラフィックデザインをプロヂュース、旧㈱シグマの一人用メダルゲーム機の市場を一気に広げ、一人用メダルゲーム機の販売市場での業界トップ、1990年前後にはシェアー70%(新店舗開設当初)、時間の経過による増大等により最終的にはシャエー90%を成し遂げた。
    3.1980年代後半から1990年代前半にかけて、一人用メダルゲーム機でアミューズ業界初、そしてその後の国内市場の定番となるビデオスロットの新型ダブルゲームの私自身が企画、同じくメカスロットでのフリーゲーム付きゲームも私自身が企画、特に無限継続型(リトリガー)のフリーゲームは海外・国内で最初であったと自負している。
    4.1990年代前半には、ビデオスロットやビデオポーカーでのフリーゲーム及びボーナスゲーム(フリーゲームの変形版)も開発、合わせて約50種類のゲームバリエーションを開発・販売、旧㈱シグマにおける一人用メダルゲーム機及びカジノ向けゲーム機の最盛期に貢献した。
    1995年前後には、これらのゲーム機の海外仕様版も開発し海外カジノ市場での製品販売に貢献した。
                                                 (続く)

    地域

    東京

    役割

    ㈱シグマ 開発部長、サミー㈱ 開発スペシャリスト、㈱クロン 代表取締役

    期間
    1980年 〜 2003年頃
    関連する職歴
    • 株式会社クロン 代表取締役
    • サミー株式会社 スペシャリスト
    • 株式会社シグマ 部長

    氏名・職歴の開示について

    氏名:(開示前)

    株式会社クロン / 代表取締役

    プロフィール詳細を見る


    自己紹介

    旧株式会社シグマで20年、サミー株式会社3年半、メダルゲーム機及びカジノ向けゲーム機、特に一人用ゲーム機の企画開発を行なった後、2003年に一人用メダルゲーム機及びカジノ向けゲーム機の開発・製造会社を仲間と立ち上げました。その後2013年からは最小限の運営規模にて、一人用メダルゲーム機用のゲームソフト開発・レンタル及び販売と、2018年からは自社製品12台のみを設置したユニークなゲームセンター(アミューズメントカジノ)店舗の運営を行なっております。
     国内アミューズメント業界及び海外カジノ市場での約40年の経験には自負をもっております。最近は、各種店舗でのサービス内容や方法にお客として感じることが多くあり、お客を不快にさせない、押しつけがましくないサービスの企画に興味があります。

    職歴

    • 株式会社クロン /代表取締役

      2003/8 在職中

    • サミー株式会社 /スペシャリスト

      2000/4 2003/8

    • 株式会社シグマ /部長

      1980/3 2000/2

    他の経験